■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
府議会代表質問傍聴
和気団地近く新市立病院建設槇尾川でごん太と槇尾川でごん太と
 槙尾川まで歩きました。
 午後から府議会代表質問の傍聴です。
 公明党の大橋彰夫議員ががん対策・肝炎対策(重症化予防対策の導入)について質問して下さいました。
  http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/30914/00263168/291004.pdf

 昨日は、自民党の徳永慎一議員が肝炎対策で府が全国で唯一実施していない重症化予防事業について、質問して下さいました。患者会の作業があって傍聴できませんでした。
  http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/30914/00263168

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:07:58 | Trackback(0) | Comments(0)
人間ドッグ予約変更
市立病院エントランス徳州会新聞
 市立病院での10月10日の人間ドッグ、都合が悪くなたので、日程変更しました。17時前に病院に着いたのですが、担当者は快くテキパキと処理してくれました。11月2日に、脳ドッグも含め受けます。
 病院エントランスで、大阪がんええナビのKさんと待ち合わせ、10月1日の膵がん医療セミナーの記録写真を保存したUSBメモリーをことづけました。

続きを読む >>

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:47:49 | Trackback(0) | Comments(0)
10/8兵庫医科大学平成記念館でC型肝炎最新治療公開講座
  C型肝炎最新治療公開講座

 〇と き 2017年10月8日(日)13:30~15:00  
 〇ところ 兵庫医科大学 平成記念会館アクセス
        西宮市小松南町1丁目15-20
        阪神電鉄「武庫川駅」下車、西出口から西へ徒歩3分(線路の北側)
 〇参加について 参加費無料、事前予約不要
〇内 容 講演「さらに進歩しつづけるC型肝炎の治療
講師 兵庫医科大学 肝胆膵内科学 主任教授 西口修平先生
 主 催  読売新聞社、アッヴィ合同会社

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

講演会・セミナー・交流会 | 23:45:00 | Trackback(0) | Comments(0)
パープルリボンすい臓がん医療セミナー@大阪国際がんセンター お手伝いに
膵がん医療セミナーチラシ
 今年3月、大阪成人病センターから名称を変え、がん征圧を使命に、先進的な高度医療に取り組み、新たな診断法・治療法の研究開発を進める大阪国際がんセンター。
 本セミナーは、パンキャンジャパンが、大阪国際がんセンターに共催いただき、さらに先進的な医療について開催するイベントです。
 大阪から全国の患者へ臨床試験などを含む最新情報の発信を進めるNPO法人大阪がんええナビ制作委員会に共催団体としてご協力し開催されます。
 大阪がんええナビのメンバーとして、運営に協力します。


続きを読む >>
患者会 | 07:39:33 | Trackback(0) | Comments(0)
「肝炎支援セミナー2017 」 新しい知識を
肝炎支援セミナーチラシ   大阪府病院年金会館で開催された市民公開講座 肝炎支援セミナー2017 肝炎治療における最新の医療を聴講しました。
 B型肝炎では、抗原と抗体量の差で抗体量が上回れば、セロコンバージョンをおこす。でも免疫抑制するような治療を受ける場合には再活性化に注意。
 HBVDNAが4log以下でも、HBs抗原量が100以上だと発がんリスクは高くなるので、半年に一度は腹部エコーなど画像検査を受けること。
 C型肝炎では、DAA製剤の進歩がめざましく、新しい治療薬が登場してくる。
 DAA製剤はC型肝炎ウイルスをほぼ完全に排除できるが、排除後も発がんリスクがあり、5年程度は半年に一度の肝がんの画像検査は必要。
 DAA製剤でウイルス排除に失敗した場合は、肝疾患拠点病院(府内では五大学病院)ウイルスの耐性変異について精査し、慎重に再治療役の選定を行う必要がある。ただし、肝線維化が進んでいる場合は、専門医と対処法を相談する。
などでした。
 


続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

講演会・セミナー・交流会 | 23:12:08 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad