■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
個数の確認を
私のクリニカルパス 22日、Iクリニック(放射線科)を受診。血管造影検査の予約を入れました。
 3月のエコー検査の結果をみてから、大阪市内の総合病院を紹介してもらおうと思っていたのですが、混んでいて私の都合に合わせた検査や治療の入院スケジュールを組んでいただけそうもありません。

 それでIクリニックにしました。
 このクリニックの主治医のH先生と相談し、3月2日午後入院、3日検査・治療(塞栓療法)、5日午前退院というスケジュールを組んでいただけました。
 血管造影検査の結果で抗がん剤を使うかもしれないとの説明も受けました。
 血管造影検査や塞栓療法は、24年間の患者経験でも初体験です。

 この日は、入院に向けて、胸部レントゲン検査と心電図検査を受け、看護師さんから入院の準備などについて説明を受けました。
 予定される費用としては、保険外(止血バンド、塞栓物質<このクリニックで開発、米国・フランスで認可>などを含めて、10万~20万円の自己負担(保険3割負担、室料差額なし)かかる予定だそうです。
 

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

雑記 | 23:19:49 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。