■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
アリニア 開発中止に
 30日、中外製薬の担当の方から、「アリニア」(経口薬:C型肝炎ウイルス排除)が中止になったと説明を受けました。
 単剤では、ウイルス排除に思うような効果が得られなかったようです。
 副作用が少なく、経口薬として登場することを多くのC型肝炎患者が期待していました。残念です。


 中外の決算資料では、「 チアゾリド゙系化合物「NTZ」(予定適応症:C型慢性肝炎)は開発ポートフォリオの優先順位を見直した結果、開発を中止することを決定しました。国内における本開発は、国際開発プログラムの一環として、ロマーク社によって継続される予定です。」とあります。
 アメリカで、他剤との併用など開発は続けられるそうです。




続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

治療・治療薬 | 23:59:50 | Trackback(0) | Comments(0)
肝臓内科 造影エコーは入院で?
 27日、午前。大阪市内の総合病院・肝臓内か外来の診察日でした。
 予約は10時30分。前に高齢男性の方が入られ、2番目でした。
 先週の採血のおりに20日に放射線科クリニックで受けた造影CTの診療情報提供書と画像データを焼いたCDを受付に渡しておいたので、診察で呼ばれたら、ディスプレーに疑わしい画像が示されていました。

 動脈相では白く映し出されているが、その後の画像では、黒く映し出されていないので、ラジオは治療後の「血管新生」があるのかもしれない。
 それが悪性を示すかどうかわかりにくいので、少し間を置いてから造影CTか造影エコー検査を受けていただいてはどうか。造影MRIは、この場合は意味がないと思うとのことでした。


続きを読む >>

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:30:35 | Trackback(0) | Comments(0)
概算要求で、政務官面談、民主党本部へ
ラジオ波焼灼療法勉強会 友の会会長挨拶写真は26日午後のラジオ波焼灼療法勉強会で。
 26日、前日の日肝協役員会で決められた、「緊急要望書」を長妻大臣と民主党政調へ届ける段取りを早朝から関東圏の役員さんが精力的に行っていただきました。
 その甲斐あって、お昼前に関東圏の役員さんら3人が山井政務官と面談でき、緊急要望書を手渡すことができました。

 「平成23(2011)年予算編成に関する緊急要望書」
 その後、民主党本部を訪問し、同様の要望書を玄葉光一郎政務調査会長と枝野幸男民主党幹事長に届けていただく様に、企業・団体委員会の窓口の方にお願いしました。
 このような行動と、それぞれの対応は、25日の日肝協常任幹事会と、それまでにメールなどで、要望内容を練るなど事前の準備と、各役員の連携活動のたまものです。

続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:41:28 | Trackback(0) | Comments(0)
政府への要望、パネルディスカッション企画など
日肝協 緊急要望書第20回全国交流集会 パネルディスカッション企画1第20回全国交流のつどい 記念パネルディスカッション企画2 25日午後から、川崎市の産業振興会館で日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)常任幹事会(役員会)が開催されました。統一された課題は、「肝硬変・肝がん患者への医療費負担の軽減」「患者診療体制の拡充」などです。
 主な議案は、
 1.政府予算案編成に対する働きかけ
 2.肝炎対策協議会への対応
 3.臨時国会での請願署名提出(肝硬変・肝がん患者への療養支援など、前回の通常国会で審議未了となったものの再提出)
 4.日肝協第20回全国交流のつどい・代表者会議の準備
 5.その他
でした。
 上記の文書(緊急要望書、第20回全国交流のつどい・代表者会議企画書)が決定されました。



続きを読む >>

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:06:29 | Trackback(0) | Comments(0)
どうなる私たちの「国民皆保険」 民間医療保険は??
10/07/24講師 内藤眞弓さん10/07/24 民間医療保険・・・勉強会風景  肝がんだと言われ治療しても、7月の造影CT検査の結果、まだ残っている可能性もあると言われています。
「重粒子線などの先進医療も大丈夫!」という民間医療保険会社のテレビコマーシャルが目につきます。
 本当に大丈夫なのでしょうか。
 でも、私のようながん患者には、がん保険の加入は無理なようです。

 24日、日本難病疾病団体協議会(JPA)の勉強会(会場:中野区社会福祉会館)がありました。いつもは、関東圏のOさんに勉強会は担当していただきでていただいていたのですが、地元の肝臓病公開講座と重なり、参加できなくなり、私が上京し参加しました。

 ファイナンシャルプランナー・生活設計クルー 内藤眞弓さんをまねいて、「民間医療保険 入れば安心なの? ~どうなる国民皆保険・高額療養費制度 患者の医療費負担を考える~」の講演が行われました。
 内藤さんは、「日本の医療を守る市民の会」代表も務めておられます。

 肝炎患者さんからは、「団体生命保険」に入れないので住宅ローンが組めない、なんとか患者団体で改善のために取り組んで欲しいとの声も寄せられています。
 内藤さんに質問しましたが、うまい手はなさそうです。これも困ったことです。


続きを読む >>

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:37:05 | Trackback(0) | Comments(2)
第2回 委員や参考人からの説明 肝炎対策協議会 開催案内
厚生労働省 肝炎対策のロゴ 第2回肝炎対策協議会の開催案内が厚労省のサイトに掲載されました。

 第2回肝炎対策推進協議会の開催について


1.日時 2010年8月2日(月)15:00~17:00

2.場所 厚生労働省(中央合同庁舎第5号館)共用第7会議室(5階)
     東京都千代田区霞が関1-2-2

3.議題(予定)

  1)委員等からのプレゼンテーション
  2)意見交換
  3)その他

4.傍聴希望者の申し込み方法
  7月28日(水)12:00(必着)までに、氏名(ふりがな)、住所、電話番号及びFAX番号、所属先(企業、団体等)を明記の上、必ずFAXにより事務局あてお申し込みください。

 詳細は、厚労省のサイトでご確認ください。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000eo2s.html

【10/07/24追加情報】 第1回肝炎対策推進協議会 議事録が公開されました。
  http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/06/txt/s0617-9.txt

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 15:21:49 | Trackback(0) | Comments(0)
「肝炎情報センター」 患者支援機能は?
肝炎情報センター 組織図 国の「肝炎情報センター」のホームページに、
独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センターとは?
 (2)肝炎情報センターに求められるもの
 国立国際医療センター(現 独立行政法人国立国際医療研究センター)に肝炎情報センターを設置することが決定されました。その果たすべき役割として、
 ①肝炎診療に関する情報提供、ホームページの立ち上げ、
 ②肝疾患診療連携拠点病院間の情報共有を支援、
 ③肝疾患診療連携拠点病院等の医療従事者に対する研修会の開催などがあります。

(略)肝炎情報センターは都道府県における肝炎検査後肝疾患診療体制を支援するシステムとして活動することになります。
-----------------
とあります。


続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:41:55 | Trackback(0) | Comments(0)
肝がんの参考書 
医学書院刊 肝癌診療マニュアル 造影CTでひっかかり、困ったことになりましたので、インターネットで下記の書籍を注文していて、良いタイミングで届きました。勉強してみます。

 日本肝臓学会が、肝癌診療マニュアルの改訂版を作成しました。

「肝癌診療マニュアル」(第2版)  編集:日本肝臓学会 
 発行:医学書院

 判型 B5 頁 192
 発行 2010年07月
定価 2,940円 (本体2,800円+税5%)
ISBN978-4-260-01071-9


続きを読む >>

テーマ: - ジャンル:心と身体

参考書 | 23:49:13 | Trackback(0) | Comments(0)
新年度予算 概算要求基準 骨子固まる 肝炎対策への影響は?
7/20造影CT 動脈相7/20造影CT 平衡相
 20日の新聞報道などによると、政府は関係閣僚による「予算編成に関する閣僚委員会」を20日に開き、来年度予算編成に当たって、概算要求基準の骨子をとりまとめ、月内の基準決定を目指すようです。
 具体的には、
 1)歳出を約71兆円以下に抑える
 2)新規国債発行額も10年度(約44兆円)以下に抑制
 3)社会保障費の自然増(1.3兆円)は容認する
 4)地方交付税を除くその他の歳出について各閣僚に1割程度の削減を求め、
  成長戦略などの予算に充てる
 上記4方針で方向で政府内で検討を進めている
と報道されています。

 肝炎対策やB型肝炎訴訟の和解協議にも大いに影響するでしょう。

■ 厚生労働省は7/23〆切で公開プロセス対象事業以外の行政事業レビュー対象事業についての国民の皆様からのご意見募集を行っています。(対象は今年度予算)
 7/13の「肝臓のなかまたち」で、紹介しています
 多くの患者さんが、ぜひ厚労省に肝炎対策の拡充の予算執行を願う声を届けてください。


続きを読む >>

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:37:04 | Trackback(0) | Comments(1)
B型肝炎 臨床便覧2010 勉強になります
 6日に開催された大阪肝臓友の会運営委員会でもB型肝炎の勉強会をして欲しいという要望が出され、行うことが確認されました。
 また、会報にも毎号にB型肝炎の情報を掲載して欲しいとの要望も出ています。
 会報「友の会だより」135号を郵送してから、原発性胆汁性肝硬変患者さんから、入会問い合わせがあり、入会の条件に情報提供を求められました。インターネットでも情報が得られにくいとおっしゃるのです。
 患者さんのご要望に応じるのには努力が必要です。
 原発性胆汁性肝硬変の講演会は、3月に予定しています。

 B型肝炎、私が情報収集材料にしているブログ「臨床便覧 2010」にB型肝炎が取り上げられました。



続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者支援・情報提供 | 23:04:19 | Trackback(0) | Comments(0)
肝がん 検査から診察へ
大阪がん診療NOW top 6月は循環器(心筋梗塞:ステンと治療)のケアのための検査や診察がありました。何とか無事にパスしました。
 体重もその後も維持できていて70kg、あと3kgは減量して欲しいとかかりつけ医からはいわれています。
 7月は、20日が肝臓などの造影CT検査(泉州地区放射線科クリニック)、21日が大阪市内総合病院での採血、27日が診察で、今後の治療の方針について説明があります。
 再発していないことを祈るばかりです。

 7月には国民健康保険から4月分の利用した医療費の総額の通知がありました。75万円です。胃カメラ検査とラジオ波治療と肝生検の入院などです。
 国保料金の請求書も来ました。年間22万円を払わなければなりません。高いです。困りました。

■18日午後、大阪がん医療の向上をめざす会(めざす会)の定例会です。毎月行われる予定です。


続きを読む >>

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:20:25 | Trackback(0) | Comments(0)
予算編成スタート/歳出抑制へ 肝炎対策、肝がん・肝硬変患者への支援は?
堺市で 北海道新聞は、「来年度予算 概算要求額削減へ 財務相意向、20日に骨子」の見出しで、「菅直人首相は16日の閣議後の閣僚懇談会で、仙谷由人官房長官、野田佳彦財務相らに対し、2011年度予算概算要求の基本方針の骨子を20日に提示するよう指示した。」と報じています。

 8月末の政府予算概算要求に向け、政府・各省庁は、来年度予算編成作業に入りました。
 私たち肝炎(肝がん)患者が心配しているのは、民主党が参議院選挙で大敗し、その結果が、今度の予算編成で、医療や福祉のこれまでの改革路線がどうなるのかということです。昨年の衆議院選挙でのマニフェストの見直しがなされ、肝炎対策にも大きく影響しそうです。

 「肝硬変・肝がん患者などへの療養支援を求める請願」が、先の通常国会で審議未了になりました。9月下旬頃から始まる臨時国会でもう一度請願にチャレンジして欲しいという患者会の要望もあります。

 肝硬変・肝がん患者への医療費助成や、インターフェロン治療中の仕事などへの配慮など、急がなければならない課題が山積していますが、予算編成で歳出削減の号令が出されるようでは、前途多難です。


続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 17:20:40 | Trackback(0) | Comments(0)
公立病院の挑戦 肝臓病センター・腫瘍内科始動
 中央公論6月号 「がん生き残り術」が特集され、
  「衝撃、全国市区別 がん死亡格差」著者 福島安紀氏
で、肝がんの死亡率が高い地域としてワースト30位まで紹介されています。
 なんと私が住む市は、女性で3位、男性で9位ではありませんか。

 その市立病院は、昨年の3月まで消化器内科医が不在で外来診療は休診、入院も外科で対応できないものは断られていました。
 昨年、春、肝臓専門医を市内民間病院から異動し、市立病院に。大学から専門医を一人招いて、肝臓病センター長に据え、消化器内科「肝臓病センター」を始動させています。
 泉北地域人口30万6千人の肝疾患の拠点病院化をするのでしょうか。

続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:54:13 | Trackback(0) | Comments(0)
肝がん患者さんらと会報袋詰め 友の会だより135号
会報「友の会だより」135号袋詰め作業 15日午前、大阪市立西区民センターで、会報の袋詰め作業を行いました。
 刷り上がった会報を封筒に入れ、宛名ラベルを貼り、必要な方(会費未納者など)に郵便振替の用紙を入れます。
 10時半頃からはじめ1時間程度で終えようとすると10人以上の協力者が必要です。
 前号の会報などで協力をお願いしています。写真のようにたくさんの人でスムーズに作業が進みました。会長さん以外にも肝がん体験者が数人参加され、情報交換もしながら作業が進みました。

目次

 講演会案内
 講演録「肝炎ウイルスとウイルス肝炎~基礎から最新治療」
 活動報告  国会請願行動とその結果         
       歌と装いのハーモニー          
       4/22 会員交流会             
 肝臓情報  肝硬変 ビブリオバルニフィカス菌に注意を
       免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策
       B型肝炎大阪訴訟 原告の妻・弁護団の陳述
       肝がん治療に関する情報         
       第1回肝炎対策推進協議会(報告)    
 会員からのたより 再発繰り返す肝がんにネクサバール+インターフェロン、他


続きを読む >>

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:28:25 | Trackback(0) | Comments(0)
C型肝炎 治療しながら仕事を続けられるのか ダイヤモンドオンラインで
週刊ダイヤモンド 「週刊ダイヤモンド」の「ダイヤモンドオンライン」で、東京肝臓友の会・日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)が行っている電話相談紹介記事が掲載されました。

 武蔵野赤十字病院の泉並木先生、第7回は、日肝協の常任幹事に取材され、記事は作成されました。
 ダイヤモンド・オンライン (全文読むためには登録が必要です。無料)

【第7回】 「治療しながら仕事を続けられるのか――」 高額医療費だけではないC型肝炎患者が直面する悩み 
 [2010年07月15日]2010年4月、肝炎治療に対する医療費助成制度の一部が改正され、助成制度の受給者及び治療者は大きく増加するかと思われた。しかし、実際は当初目標よりも伸び悩んでいるという。その背景には一体何があるのだろうか。

続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 05:01:39 | Trackback(0) | Comments(2)
関西労災病院表敬訪問 尼崎と中央公論 肝がん死で
中央公論 10年6月号 13日に、肝炎友の会兵庫の会長さんと関西労災病院を訪問しました。
 院長先生(前 阪大病院長)と院長室で1時間ほど面談しました。用件は、日肝協全国交流のつどい(11月)へのメッセージ、大阪肝臓友の会総会での講演、B型肝炎勉強会への講師の先生のお世話などです。総会でのご講演は日程が合わず実現しそうにありません。

 国の肝炎対策推進協議会の会長でもありますので、前日の豊中市訪問の様子をお話しし、肝炎ウイルス検診受診率アップの方策などについてもお願いしました。

続きを読む >>

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:44:11 | Trackback(0) | Comments(0)
厚労省 事業仕分けの一つか 肝炎対策も 国民の声を聞く
厚生労働省 肝炎対策のロゴ 13日、厚生労働省は、省内の事業仕分けについて、いまだ行われていない事業についてもその予算の状況などを公開し、事業ごとに広く国民から意見を求めています。
私たち肝炎患者にとって身近な項目部分について、情報をお届けします。

----------------------------------------
厚生労働省 事業仕分けに関してご意見募集(締め切り7/23 午前12時必着)

・公開プロセス対象事業以外の行政事業レビュー対象事業のレビューシートを掲載し、国民の皆様からのご意見を募集しています。
  http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=153559

■厚生労働省 健康局 ご意見募集について
  http://www.mhlw.go.jp/seisaku/jigyo_siwake/bosyu08.html
 ○肝炎対策
  ・肝炎対策事業費
   http://www.mhlw.go.jp/seisaku/jigyo_siwake/dl_rv3/131.pdf
  ・肝炎治療特別促進事業費(PDF:187KB)
   http://www.mhlw.go.jp/seisaku/jigyo_siwake/dl_rv3/132.pdf
  ・肝炎ウイルス検査等事業費
   http://www.mhlw.go.jp/seisaku/jigyo_siwake/dl_rv3/133.pdf
  ・肝炎情報センター事業
   http://www.mhlw.go.jp/seisaku/jigyo_siwake/dl_rv3/143.pdf
  ・肝炎研究基盤整備事業
   http://www.mhlw.go.jp/seisaku/jigyo_siwake/dl_rv3/144.pdf

続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:51:43 | Trackback(0) | Comments(0)
電話相談、講演会打ち合わせ、がん検診で自治体訪問
 12日、午後、事務所で9月の医療講演会のことで製薬会社からご案内をいただき、説明を受けました。
 9月12日、和泉市コミュニティーセンターでウイルス肝炎の公開講座が行われます。
 和泉市立病院の消化器内科に赴任された坂口肝臓センター長らを講師に開催されます。この病院が泉北地域の肝疾患診療をになう施設になることを期待しています。
 友の会も後援することになりました。詳細は後刻ご案内します。

 事務所では、電話相談がいくつかありました。B型肝炎の患者さんやご家族から2件。
 慢性肝炎でラミブジン服用者の男性からは、情報を得たり交流したいと入会を希望されました。入会をお勧めしました。

 ご家族の方からは、60歳代の男性の肝発がんのことについて。1回目の発がんが7年前。外科切除、その後、3回発がんし、そのたびにがんの個数が増えてきている。がんを抑えるための治療法はないのかという質問でした。
 がんの局所治療後の抗ウイルス剤やネクサバールなど抗がん剤などによる治療の可能性について、主治医とよく相談するようにお伝えしました。



続きを読む >>

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 21:47:40 | Trackback(0) | Comments(0)
大阪のがん診療情報NOW
 大阪府は、府独自のがん診療拠点病院を指定し、国指定の「がん診療連携拠点病院」と併せて50病院ががん診療の中核施設として診療にあたります。

 「大阪府のがん診療体制

 また、独立行政法人大阪府成人病センターにある「がん予防情報センター」が、「よくわかる!大阪のがん診療情報NOW」をホームページ上に立ち上げ、上記がん診療拠点病院の診療機能を公開し、がん患者や家族への情報提供を行っています。
 このサイトは、私たちがん患者団体「大阪がん医療の向上をめざす会」などの意見も取り入れながら、現在、情報量の充実のために更新作業中です。
 


テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:11:48 | Trackback(0) | Comments(0)
「友の会だより」印刷スタート
 9日、午後、印刷所で友の会だよりの下刷りが上がりチェック。
 印刷を了解しました。
 14日には製本も上がる予定です。15日に西区民センターで袋詰め作業(10:30~)です。お手伝いいただける方はご連絡ください。午後は、同会場で患者交流会です。肝炎・肝硬変・肝がんの方はどうぞ。参加には事前予約が必要です。

続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:39:56 | Trackback(0) | Comments(0)
B型肝炎ワクチン 接種方法の検討へ
 7日、厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会が開催され、同部会で検討対象になっている主な疾患・ワクチンの特性や疫学情報などをまとめた「ファクトシート」について、作成に当たった国立感染症研究所所長の渡邉治雄参考人が報告されました。
 対象となった疾患は、
 ○ヘモフィルスインフルエンザ菌b型(ヒブ)
 ○肺炎球菌
 ○ヒトパピローマウイルス(HPV)
 ○水痘
 ○B型肝炎
 ○おたふくかぜ
 ○ポリオ
 ○百日ぜき


続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:41:16 | Trackback(0) | Comments(0)
28回目の総会準備 友の会運営委員会
 6日、大阪肝臓友の会の運営委員会。奇数月に行っています。病気が重くて動けない方以外はたくさんの方が参加してくださいました。
 主な議題は、国会請願署名の結果のことや11月に行う予定の28回目の総会準備。会場確保と記念講演講師。
 講演会・勉強会の企画では、秋にB型肝炎の勉強会、3月には難病連と共同で自己免疫性肝疾患の講演会も行うことが決められ準備を始めます。

 総会での講演会では、元大阪大学附属病院長の林紀夫先生も候補者のお一人(実現すれば、私が会の運営委員になって初めて講師のお願いにお伺いして20年目の講師ご依頼です)。現在は兵庫県尼崎市にある「かんさい労災病院」の院長先生。B型肝炎の勉強会のことも併せて、一度ご相談にお伺いすることにします。



続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:20:44 | Trackback(0) | Comments(0)
自治体 健康づくり課の問題意識 肝炎ウイルス検診
 大阪がん医療の向上をめざす会では、がん・肝炎ウイルス検診で自治体訪問を続けています。8つの医療圏(豊能・三島・北川内・中河内・南河内・堺・泉州・大阪市)で各医療圏毎に1自治体を選んで訪問聞き取り面談を行っています。
 5日は、東大阪市を訪問しました。東大阪市保健所健康づくり課。保健師と事務方のご担当2人が応対していただきました。
 がん検診の啓発活動や実施状況など説明を受け、女性で30歳、男性で40歳の誕生月の翌月に「東大阪市がん検診受診票」を個別に郵送されていることは、これまでに訪問した他市にはない取り組みでした。
 胃がん、大腸がん、乳がん、子宮がんの検診を医療機関に委託して行われていますが、肺がんは、検診制度(レントゲンの読み取り)などの関係で、直接市の3箇所の保健センターで行われています。

 肝炎ウイルス検診、市のメニューにはあるのですが、市独自の取り組みは弱いとおっしゃっておられました。肝臓週間などの取り組みも来年度の課題としたいとのこと。
 自治体におけるウイルス検査の実績(厚労省資料)

 

続きを読む >>

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:48:04 | Trackback(0) | Comments(0)
「友の会だより」やっと 原稿そろう
 先月から準備を進めてきた患者会会報「友の会だより」135号。やっと原稿をそろえることができました。
 版下も6割方完成、月曜日に版下を完成させます。校正担当の方に、メールで一部届けました。

 4日は、B型肝炎訴訟大阪支える会のメンバーが徳島駅前で街頭宣伝を取り組みました。徳島肝炎友の会のメンバーもお手伝いくださいます。私も駆けつけたかったのですが、体調も思わしくなく(循環器)、会報作りにも追われていたので、今回はパスしました。

 友の会だより目次から内容を以下に紹介します。


続きを読む >>

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:33:45 | Trackback(0) | Comments(0)
来年度予算に向けて
徳島県美波町 日和佐 大浜海岸 7月25日午後、川崎で日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)の役員会が行われます。
 11/6-7に日肝協第20回全国交流のつどい・代表者会議を神奈川県川崎市で開催します。その会場の下見を兼ねて、準備と今後の方針などを相談します。
 20回目の記念すべきイベントです。パネルディスカッション「肝炎対策基本法をいかすために~肝発がん防止のための治療と患者支援のあり方(仮称)」を特別に設け、開会式の後に行います。

 7月はいつもたくさん検討しなければならないことがあります。

 肝炎対策推進協議会への対応、来年度予算概算要求への要望、秋の臨時国会への取り組み、治験・新薬・新治療法の情報収集と対策など

続きを読む >>

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:21:53 | Trackback(0) | Comments(0)
肝機能障害 身体障害者福祉法・身体障害者手帳の交付など福祉制度の見直しについて
徳島県美波町日和佐 薬王寺 政府は、「障害者の権利条約」の締結準備のために、必要な国内法の整備を始めとする我が国の障害者に係る制度の集中的な改革の推進を図ることを閣議で決定しました。
 これに関しては、私たち肝臓病患者への身障手帳交付にかっかるきわめて厳しい認定基準を緩和の方向で見直す機会と私は考えています。
 患者会にも働きかけ、肝機能障害 身体障害者福祉法・身体障害者手帳の交付など福祉制度の見直しについて、今回の閣議決定とそれにいたった障がい者制度改革推進会議の「障害者制度改革の推進のための基本的な方向(第一次意見)」などについて関連部分を紹介します。


 障害者制度改革の推進のための基本的な方向について
            平成22年6月29日
         閣議決定
 政府は、障がい者制度改革推進会議(以下「推進会議」という。)の「障害者制度改革の推進のための基本的な方向(第一次意見)」(平成22 年6月7日)(以下「第一次意見」という。)を最大限に尊重し、下記のとおり、障害者の権利に関する条約(仮称)(以下「障害者権利条約」という。)の締結に必要な国内法の整備を始めとする我が国の障害者に係る制度の集中的な改革の推進を図るものとする。

     記

第1 障害者制度改革の基本的考え方
 あらゆる障害者が障害のない人と等しく自らの決定・選択に基づき、社会のあらゆる分野の活動に参加・参画し、地域において自立した生活を営む主体であることを改めて確認する。
 また、日常生活又は社会生活において障害者が受ける制限は、社会の在り方との関係によって生ずるものとの視点に立ち、障害者やその家族等の生活実態も踏まえ、制度の谷間なく必要な支援を提供するとともに、障害を理由とする差別のない社会づくりを目指す。
 これにより、障害の有無にかかわらず、相互に個性の差異と多様性を尊重し、人格を認め合う共生社会の実現を図る。

2 横断的課題における改革の基本的方向と今後の進め方
(1)障害者基本法の改正と改革の推進体制
 障害者基本法(昭和45 年法律第84 号)の改正や改革の推進体制について、第一次意見に沿って、障害や差別の定義を始め、基本的施策に関する規定の見直し・追加、改革の集中期間(「障がい者制度改革推進本部の設置について」(平成21 年12 月8日閣議決定)に定めるものをいう。以下同じ。)内における改革の推進等を担う審議会組織の設置や、改革の集中期間終了後に同組織を継承し障害者権利条約の実施状況の監視等を担ういわゆるモニタリング機関の法的位置付け等も含め、必要な法整備の在り方を検討し、平成23 年常会への法案提出を目指す。

(3)「障害者総合福祉法」(仮称)の制定
 応益負担を原則とする現行の障害者自立支援法(平成17年法律第123 号)を廃止し、制度の谷間のない支援の提供、個々のニーズに基づいた地域生活支援体系の整備等を内容とする「障害者総合福祉法」(仮称)の制定に向け、第一次意見に沿って必要な検討を行い、平成24年常会への法案提出、25年8月までの施行を目指す。

続きを読む >>

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:41:49 | Trackback(0) | Comments(0)
肝がん地域連携クリニカルパス・肝炎地域連携クリニカルパス
大阪府提供 大阪がん情報提供コーナー 7月1日付で、大阪府提供「大阪がん情報提供コーナー」が刷新されました。
 「おしらせ」「大阪がん地域診療連携パス」「よくわかる!大阪がん診療NOW」「がん拠点病院検索」「ピックアップ情報・患者会」「国立がん研究センターがん対策情報センター」「がん診療コラム」「各種資料・リンク集」から項目(バナー)がなっています。
 見やすくなりましたね。

 大阪肝臓友の会も参加している「大阪がん医療の向上をめざす会」のホームページからも「よくわかる!大阪がん診療NOW」にたどり着きやすくするリニュアール作業も計画されまもなく実行される予定です。

 今回の大阪府提供「大阪がん情報提供コーナー」のリニュアールで特に私が注目したのは、「大阪がん地域診療連携パス」。
 肝がんについても紹介されています。

続きを読む >>

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:49:28 | Trackback(0) | Comments(0)