■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
小平から国府台へ
小平の民家 昨日から東京(小平)に来ています。
 聴覚障害のある長男の就労、まだまだスムーズにいきません。

 患者会の用事とかねて3日間、息子と暮らすことになりました。
 14日夜は、凍てつき、道路の水たまりが完全に凍っていました。
 15日中央線から見る富士山の美しいこと。武蔵野からの富士山も魅力的です。

 早朝に息子と出発し、息子は訓練校最後の日です。
 私は、千葉県市川市にある国府台病院へ。あうべきドクターが急用で不在でした。千葉の会の会長さんと消化器科外来待合、売店、医療相談室、新病棟・研究棟建設予定地、現肝炎・アレルギー研究センターの外観などを見学し、病院を後にしました。

 会計の待合前のホール壁には、新病棟と研究センターの2棟の建物の完成予想図と設計図が掲げられていました。説明によると平成22年度完成とありました。


国府台病院 新病棟・肝炎・免疫研究センター建設工事始まっています現肝炎・免疫研究センター外来診療担当医表 国府台病院では、相談室にも立ち寄り、パンフレットをいただきました。品切れらしくモノクロのコピーでした。
 場所も病院の一番奥で玄関から遠く、別棟でした。まわりは洗濯場(入り口から少し奥が見えたのですが床は板張りでした。その向かい側が、病棟用厨房。
 研究センターは、病院本館からすると一番奥の別棟で、職員住宅そばの建物のようです。看板もなくひっそりしていました。今日の本来の目的は、このセンターを見せていただくことでしたが、ドクターが不在でかないませんでした。

 近くには、国府跡東京医科歯科大学教養部矢切の渡しじゅん菜池などもあり、ゆっくりとまた来たいものです。

 午後、都内で神奈川の患者会の会長さんと会い、秋の全国交流集会に向けての資金作りの相談。
 神奈川の肝炎対策の情報(自治体の対応、専門医による肝臓週間啓発活動:県内6か所で講演会)などもお聞きし、先を見通した準備を精力的にしていただいていることに敬服しました。

■厚労省による都道府県衛生担当部局長会議
 午後一番に、障害福祉分野の説明があり、肝機能障害による内部障害認定事業についてもあったのですが、こちらはパスしました。

■夜、息子宅へ。
 溜まっているたくさんの洗濯物を処理、夕食づくり。肝心の息子は週末ということもあって、友だちと新宿へ。こちらも困ったことです。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:36:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad