■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
国府台病院 溝上雅史肝炎・免疫研究センター長の講演会 聴きました
溝上先生の講演千葉肝臓友の会の説明 16日午後、千葉肝臓友の会が製薬会社と共催で、市川市で開催された肝臓病講演会を聴講しました。
 溝上先生が、研究センターご着任後に患者向けに講演されるのは初めてのことだと思います。肝炎研究のナショナルセンターとして業務を開始した初代センター長、どんなお話をされるのか、患者会のお世話係として勉強をかねて参加しました。
 会場は、市川駅南公民館(市川市こども発達センター内)、大須地区にあり、15分くらい歩いたところにあります。
もとは工場地帯だったようです。市川駅南部の住宅地区から工場が混在するところ(ガス会社の球形タンクも2機)、工場とマンションが混在する地区にあります。参加された方の情報によると、以前にはゴム製造や製紙工場があり、相当な悪臭がしたそうです。

 講演前に、肝炎・免疫研究センターの溝上先生とご挨拶をいたしました。昨年6月厚労省での全国肝炎対策懇談会以来です。
 先生の講演で私が気にとめたことをメモしておきます。
 肝がん死の多い国として、モンゴル、日本、エジプトがあり,注目している。
 インターフェロン治療が効きそうかどうか、患者さんの遺伝子解析で調べる研究に予算が付き、1000人分の検査ができるようになったそうです。研究に協力いただける方は、無料で検査が受けられるそうです。
 現在の精度は、80-90%なので、これを95%以上の確率に上げることが研究目標の一つ。3年後には保険診療でこの検査ができるようにしたい。

 国府台病院 肝炎・免疫研究センターからのお知らせ
  C型慢性肝炎の患者さまで遺伝子解析によるインターフェロン療法の治療効果予測を希望される患者さまへ


 人間の遺伝子を解析する機械を国府台に入れていただく。これで肝炎患者の側の遺伝子解析が相当進むことになる。
 ただ、国府台病院 新病棟、肝炎・免疫研究センターの新築工事、重要遺跡が見つかったために遅れている。
 国の肝炎対策7カ年戦略と肝炎・免疫研究センターの業務を織りまぜ、今までにないお話の内容でした。
 国府台病院の診療体制:肝臓専門医を全国から募っている。4月からは20人のドクターで研究と診療が始められる。今までは、毎日1人体制で外来を担当していたが、4月からは、2人で外来ができる。入院のキャパは、現在、20-30床。新病棟が完成し稼働を始めると、60床確保できるようになり、より多くの患者さんの対応ができる。
以上、講演会での国府台病院の肝炎・免疫研究センター内容部分の報告です。

 他に新しい治療薬の説明もされていました。
 具体化が有望な新しい治療薬は、そのほとんどが何らかのインターフェロンと併用して使うものだったり、アルブフェロンのように1か月に1回の投与ですむものでも、その副反応のために使えない患者もいる。
 インターフェロンと併用しない治療薬として「アリニア」(エジプトで寄生虫駆虫薬使用していてこのC型肝炎患者空の肝発がんが少ないないことに注目されている)の治験が日本でも今年(後半か)から始まる。

以上が注目した部分です。

 市川の国府台病院、肝炎の抗ウイルス剤治療では、今のところ穴場のようです。患者さんも少なそうです。施設が古く、国立精神・神経センターからの出発だから?東京からは遠く感じられるからでしょうか。

 でも、新病棟と研究センター棟が完成するとマスコミからも注目されますし、JR総武線や京葉線を使えば、都内からもそう遠くありません。市川駅からのバスも朝夕は10分間隔で出ていますし、バスに乗ってしまえば13分ほどで病院前の停留所に到着します。
 外来担当表も病院のサイトに紹介されています。
  http://www.ncnpkohnodai.go.jp/gairai.html
 溝上先生の外来は、研究センターの運用などで出張が多く、いつ代診になるかわからないので、「患者さんにご迷惑をかける」といっておられました。

駅前再開発ビルから国府台方面の眺望 講演会が終わって、千葉の会長さんにご挨拶し会場を退散しました。駅への帰路、参加された女性2人(市川の住人)と講演会や国府台病院の感想などを話しているうちに親しくなり、駅前再開発(i linkタウン)ビル屋上の展望台に案内していただきました。
 眺めは最高でした。さすが地平線に雲があって新宿方面の先に見えるといわれる富士山までは見えませんでしたが、筑波山、東京湾、墨田区に建設中の東京スカイツリー、江戸川の蛇行や東京湾河口、国府台方面もばっちり見えました。女性たちがすんでいるという川沿いのマンションを指さされ、「あそこから参加したのよ」といろいろとガイドしていただき、よい土産話の材料になりました。

 新幹線内で、日肝協代表幹事への3日間の報告を作成し、帰宅は22時半。 

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:47:03 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
いつも
情報ありがとうございますー。研究が進んで多くの患者さんが安心して過ごせるようになってくれたらいいですね。Aliniaに肝がんの抑制効果みたいな可能性もありそうなら、本当にいい話になっていきそうですねえ。
2010-01-18 月 12:36:25 | URL | Kawanishi [編集]
川西先生、コメントをありがとうございました。
>Aliniaに肝がんの抑制効果みたいな可能性もありそうなら

 肝がんの抑止効果があるというお話ではなかったです。
 駆虫薬アリニアを服用されている方に、肝がんが多いエジプトで肝がん患者が少なかった、C型肝炎ウイルスの抗ウイルス効果があると注目されて、日本でも治験が始まる
 と言うようなお話でした。

 インターフェロンに頼らないアリニア単独での治療効果が日本でも上がることを期待しています。
2010-01-19 火 05:29:39 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。