■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝炎「治療中でも働けますか」
JR武蔵野線新小平駅前の案内図 20日夜から息子(小平)のところへ。
 22日夕方帰阪し、大阪肝臓友の会の事務所へ。金曜日は当番でしたが、会長さんに替わってもらいました。郵便物の整理をしていると、17時すぐに相談の電話がかかってきました。

 40歳代の女性。民間施設で保育士で働いていたが、ペグインターフェロンの併用療法を受けることに。ご相談は、治療を続けながら働くことができるかどうか?
 辛いようならいったん退職も覚悟しなければいけないそうです。

 なんとか職場の理解を得て働きながら治療を受けてくださいと励ましましたが、こればかりは、職場の理解が得られるかどうかと副作用の出方によります。
 併用療法の治療期間は、1年から1年半。これは長い。



 地元の保育園も2園が民営化の話が出ています。国も保育園の施設基準を緩和し、民間が参入しやすくし、施設や雇用条件も、施設で働く側からすると厳しくなるばかりです。

 このような相談を受けますと、ペグリバ治療の期間を短くする方法が早く実現すると良いなとも思います。
 今開発されている薬では、ペグインターフェロン+リバビリン+新薬では、3か月で今と同じような効果が得られるようになるかもしれません。
 また、インターフェロンやリバビリンを使わない治療法の開発も急がれます。

 今回のご相談のように、家計を支える方々が、安心して治療を受けられるような仕組み作りも急がれます。これから開催される「肝炎対策推進協議会」の役割は重大です。

■PC担当者大奮闘
 22日夕方、事務所のパソコンを管理しているIさんが仕事を終えてやってきました。
 日常業務以外に、大流行しているパソコンのウイルス対策です。インターネット閲覧ソフト「エクスプローラ」のバージョンアップとウイルス対策ソフトの契約更新作業をしていただきました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:12:08 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
はじめまして
初めてコメントします。介護施設の職員でペガシス+コペガス24週目です。
難しい質問ですよね。職場の理解があればそれなりにこなすことはできることもあるんですが、体調が悪くて「すみませんm(_ _)m」ってことも多々ありますし。
その方が何とか治療と仕事を両立できることをお祈りします。
2010-01-29 金 22:54:23 | URL | ちゃぼ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。