■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小平では
 小平に来ています。今日帰阪します。
 携帯に電話相談が入ってきます。

○C型肝炎の60歳代の女性
 血小板が少なくて主治医から脾臓の摘出をしてはと持ちかけられ、心配になって最寄りの保健所に相談。
 保健所の担当者のコメントは、「患者さん自身が病気のことをよく勉強することが大切。友の会(患者会)が、良い教材になるから、一度そちらの方にもご相談されては・・・」とのことだそうでした。
 血小板が6万。白血球も減少しているそうです。
 入会を希望されましたので、会報の見本をお届けすることにしました。

○大阪府南部の30歳代の女性
 お母さん(大阪府東部に居住)が、地元の公立病院で原発性胆汁性肝硬変の疑いと告げられ、検査のための肝生検を勧められているそうです。
 この病気は、進行することが多いのかなど、お母さんのことをご心配されてのご相談でした。
 3月28日の大阪難病連の学習講演会(茨木市)に参加されることをおすすめしました。






 小平市広報「市報こだいら 1/20 1211号」に、肝炎ウイルス検診の案内が掲載されています。
 実施日 2月15日(月)~3月21日(水)
 ところ 市内指定医療機関
 費 用 無料
 対 象 40歳以上の市内に住民登録または外国人登録のある方(過去に肝炎ウイルス検診を受診した方をのぞく)
 定 員 200人
 申し込み 1月29日までに、葉書に「肝炎ウイルス検診申込書、住所、氏名、性別、生年月日、年齢、電話番号を明記し、保健センターまで。


とあります。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:05:32 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
いろいろご苦労様でした。
お気をつけて、帰阪してください。

それにしても、市川でお会いしたかったなあ。
2010-01-27 水 13:01:48 | URL | ばんばん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。