■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝臓の硬さの測定と遺伝子解析で・・・肝炎から肝がん発症の事前予測と治療
10/01/31 薬害肝炎訴訟和解合意2周年のつどい 31日午後、全国薬害肝炎訴訟原告・弁護団の学習と今後の活動の意志を確認する集会「国との基本合意2周年記念集会」が、東京・全電通ホールで開催されました。
 「薬害肝炎とのたたかい 350万人の願いをかかげて」の執筆に協力しましたので招かれて参加しました。
 ・個別救済に関する現時点での到達報告
 ・検証再発防止に関する報告
 ・講演「薬害の歴史と今後に向けて-薬害被害者の役割」 薬被連・花井十伍氏
 ・恒久対策の到達点と今後の課題
 ・講演「肝炎治療における地域医療体制のあり方とこれから」
     山梨大学医学部付属病院 教授 榎本信幸氏

 非常に中身の濃い集会でした。講演以外は、原告・弁護団から説明がありました。
 和解合意後の2年間の活動の総括がなされ、今後の課題についてわかりやすく報告されました。
 ・


10/01/31 榎本先生の講演 フィブロスキャン 私が特に注目したのは榎本教授の講演です。

○肝発がんのリスクを肝臓の硬さの数値化で予測する=ファイブロスキャン
  測定値「キロパスカル」と3年肝の発がん率(%)がほぼ同じ
   たとえば、20kpaの患者さんの3年間の発がん率は20%

○遺伝子解析でインターフェロン治療の効果を予測
 1)ウイルス側の遺伝子解析
  ・NS5A蛋白(ISDR・IRRDR)
   ISDRの変異数(傷の数):多いほどインターフェロンが効きやすい
     4つだと78%、5つ以上だと93%
  ・コア蛋白 70番のアミノ酸のパターン
     「アルギニン」だと治りやすい (治癒率63%)
     「グルタミン」だと治りにくい (非常に治りにくい)

   また、3か月以内にウイルスが消える方は「アルギニン」であれば、9割の方がウイルス排除される。
   逆に3か月以内にウイルスが消えなければ、「アルギニン」であっても13%しか治らない
   3か月から6か月の間にウイルスが消えれば、治療期間を1年半まで延ばせば5,6割はウイルスが消えるところまできている

 2)患者の遺伝子解析
  患者の遺伝子を解析し、インターフェロンの効果に関係する部分「インターフェロンλ(ラムダ)」の型が治療効果を決める
 ・T/T 治療効果が高い
 ・T/G、G/G 治療効果が低い

 以上のことから、ウイルス遺伝子とヒト遺伝子の解析により、より精密な効果予測が可能

 ○最新の情報と専門医・非専門医の分業による個別化・テラメード治療
    テラメード治療:個々人の状況(遺伝子解析も含めて)にあわせた投薬や治療を行う技術のこと。
  ・「画一的な標準治療の普及」から、「個別的な最適治療」へ 
  ・「漫然とした医療連携の推進」から、「明確な医療分業へ」
  ・「医療関係者の情報共有」から、「患者さん自身も情報把握」へ

 大変示唆に富んだお話でした。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 10:54:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。