■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
私の街の医療提供体制は?
21日午後、大阪市中央区で開催された大阪難病連の府民の集いで「地域に生きる診療所から見た医療・福祉 セーフティーネットの現状と改善策」講演を聴きました。
 講師は大阪保険医協会の高本先生。城東区で開業されています。患者さんが飲み残した薬の数を勘定し、次回の処方時にその分を差し引いて対応するなど、患者さんと優しく向き合う医療を信条に診療されているお話から始まりました。

 大阪府泉州地域から参加された大阪肝臓友の会のTさんと、自分たちの住んでいる大阪府南部の医療環境を良くしないと感想が一致しました。
 さっそくTさんは、ご自身が何ができるか考えはじめ、具体的な行動を起こしたいとご相談を寄せてくださっています。肝がん患者では大先輩です。


【開催案内】
 講演とシンポジウム
 誰もが安心して医療が受けられるように
   人に優しい豊かな医療を考える 府民のつどい


【日時】 2010年2月21日(日曜)   午後1時~4時
【会場】 エル・おおさか 709号室

 第一部 講演会 午後1時10分~2時10分
     「地域に生きる診療所から見た医療・福祉
        セーフティーネットの現状と改善策」
        (悪戦苦闘する地域医療15年の経験)
     講師 高本 英司 先生 (大阪府保険医協会理事長)

 セーフティーネットの根幹である医療・福祉の制度が不安定になってきた今日、医療費の窓口負担の重さは、患者さんにとっては治療中断にもつながりかねません。
 また、特定疾患が10月から56疾患になりましたが、難病はそれ以上に無数にあり程度も様々です。難病の方のことも気になります。
 誰もが願う安心受診・充実受診を実現するためにともに考えていきましょう!


第二部 シンポジウム   午後2時30分~4時
  シンポジスト  上原 哲朗 さん(大阪府保険医協会事務局)
           立石由起子 さん・立石貴子(Ⅰ型糖尿病母・子)
          尾下 葉子 さん(線維筋痛症患者)
           浦出 節子 さん(看護師)
  コーディネーター  高本 英司 先生

資料代 500円

主催  大阪府 NPO法人大阪難病連 大阪難病相談支援センター
 * お問合せは、大阪難病連  TEL(06)6933-1616

■つどいの第1部の講演だけ聴いて、めざす会の事務所で、市町村調査回答書の整理作業や、今後の打ち合わせ
 回答書を成人病センターへ届ける用意を完了し、帰宅しました。 
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:44:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する