■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
絵手紙での励ましや患者会データベースづくりの依頼
励ましの絵手紙 27日、夕方から友の会事務所に出ました。昨日は、息子のことや岸和田市民病院訪問などで事務所当番は会長さんに替わっていただきました。
 今週分の事務が相当たまっています。

 1月31日に訪問を受けた国立病院機構大阪南医療センターがん患者相談支援室の相談員さんから、お手紙が届いていました。相談支援室でがん関連患者会のデータベースを作成し、公開に向けて準備を進められています。一つ一つの患者会を訪問し、聞き取り調査をなさり、その結果をデータベース化し、患者や家族の方にも利用していただく資料になさる予定だそうです。
 友の会のデータをまとめていただき、その校正依頼です。はやく公開されるよう期待しています。

 近畿大学の工藤教授からは、4月に松原市で開催される「肝炎:肝がんの治療公開講座」の名義後援依頼が届けられました。
 来週は入院ですから、これらのお手紙のお返事を作成し、投函しました。
 写真は、以前会報の表紙絵を担当してくださっていたYさんからの絵手紙です。私が友の会だよりで近況を紹介したのですが、それを読んでお見舞いのお便りをいただきました。大変励まされます。


【友の会だより 133号 ホッとしてメタボ検診受けたら】
 11月30日、肝炎対策基本法が国会で成立しました。昨年春から、国会請願署名運動、与野党議員への働きかけなど取り組み、とりわけ民主党を中心とする新政権誕生以後は、与野党の国会議員への陳情や国会傍聴などに明け暮れる日々が続きました。
 11月から日夜を問わずこむら返りが起こるようになったのが、体調の変化の始まりでした。中旬以降は頻繁に起こり夜も眼を覚ます有様です。倦怠感もひどくなりました。
 12月2日、区切りがついたので夏に封書で届いていた「特定健診(メタボ検診)受診の案内」を引っ張り出してきて、母や長男がお世話になっていた近くのクリニックで検診を受けました。2日後に血液検査の結果を聞くと、ALT値が200台、血糖値も200、ヘモグロビンA1cも10.5と高く、糖尿病の専門医を受診するように勧められました。肝炎は、40歳代に3桁に上がることはよく経験していましたが糖尿病には驚きました。
 この数年間、ALT値も3桁に上昇することはなく、腹部超音波検査や造影CT検査も半年以上あいていたので、12月7日に近鉄上本町駅近くの消化器内科クリニックと糖尿病専門クリニックの予約が取れたので受診しました。

 気になる影ですが

 エコー検査では、10mmの影がS8にみつかり、3月に再検査を指示されました。
 血糖値のコントロールは、Nクリニックで、毎食前に3単位の即効型インスリンの自己注射と食事・運動療法を組み合わせた治療を受けることになりました。
 影が気になるので、放射線科専門クリニックに造影CT検査の予約を入れ18日に検査を受けその結果も即日告げられました。S8以外にも1カ所、計2カ所の影が見つかり、こちらでも2月12日に再検査をすすめられました。
 12月初旬以来、毎日1万歩を目標に朝、夜後のウォーキング、野菜中心で、炭水化物の主食を半減、間食を控えるなど、クリニックでの管理栄養士さんの助言を守り、がんばっています。77kgあった体重も2月3日の受診では、71kgに、ヘモグロビンA1cは、7.0。血糖値も空腹時が100、食後2時間値も140までにコントロールできるようになってきました。肝機能値もALTが40まで減少、こむら返りも皆無となっています。まもなくインスリンも離脱できそうです。
 何よりもありがたいのは、近所のかかりつけ医です。メタボ検診の結果から糖尿病の専門医の受診とインスリンの自己注射の検討を強く進められました。これまでも、身体の異常(胸痛:狭心症、排尿:前立腺肥大など)の時に、適切なコメントと受診しやすい専門医を幾人か示し、その根拠もコメントいただけます。専門医の選択に非常に役立っています。
 食事と運動に気をつけて、肝炎患者の療養環境の改善のために友の会の活動に力を入れ、12日の検査結果を待ちます。当面は、この会報の完成のためにがんばっています。(10/02/08記)
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:47:45 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
肝炎、糖尿病の話を聞き、非常に驚いています。昨年から今年にかけて非常に忙しい日々を送っておられたのがこたえたのでしょう。まだお若いのですから、まだまだ活躍していただかなければならず、ごむりのない様ご自愛ください。
2010-02-28 日 15:56:32 | URL | さざえ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する