■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
お金がなくて 思うがん医療が受けられない
医療政策機構ロゴマーク 1日、日本医療政策機構は、がん医療に関して患者や家族・遺族の意識調査を行い、そのまとめを公表しました。NHKの夜のニュースでも取り上げられました。

 機構のプレスリリースでは、
  「がん患者意識調査」
 目的:がん患者・経験者やその家族の実体験からがん医療政策に関連する問題点や課題を可視化するとと
もに、がん患者・家族・遺族のがん医療政策や対策についてのニーズを把握する


 機構が発表したプレスリリースは、がん政策情報センターのサイトからご覧になることができます。
  http://ganseisaku.net/resources/siryou/20100226_CPIC_PR_vol_1.pdf

 私は、20年ほど前に父を大腸(結腸)がんで亡くしました。見つかったときには、肝や肺に転移していて、その後、脳にも転移してしまい、外科切除や抗がん剤治療を受けましたが、診断から半年ほどで、最初に発見された病院で治療を始めてから退院することなく院内で他界しました。
 その体験から、機構のアンケート調査に協力しました。


経済的負担に関するグラフ調査回答者のがんの部位
 調査を見ますと治療に対する経済的負担が大きく、患者や家族の生活に影響することがわかります。
 一方、調査対象者に乳がん(31%)、血液・リンパ(21%)患者やその家族が多く、肝がん(4%)や大腸がん(8%)患者の少ないことが気にかかります。

 機構からの調査協力のお礼メールにNHKの報道について紹介されていましたのでその部分を貼り付けておきます。

 今回のプレス発表は、3月1日のNHKニュースで取り上げられました。ニュースはNHKウェブページでご覧いただけます。
   http://www3.nhk.or.jp/news/k10015898091000.html#
 

 昨夜から、息子のことで上京しました。
 本日滞在先に、上記医療政策機構のライターさんから、聞き取り取材の電話がありました。
 今度の聞き取り調査の内容は、医療機関のがん患者さんの援助で、診断初期から「患者会」を紹介するようなサービスがあっても良いのではないか、そのことについての取材でした。

 私は、厚労省や国立がんセンター(がん情報センター)、国府台病院肝炎情報センターなどが、もっと力を入れて、患者会調査やそれに基づく患者会支援について研究すべきだと思っていましたので、そのことを強く主張しました。どうも取材者の意図とかみ合わなかったのでしょうか、つっこんだ取材にはなりませんでした。

 いよいよ明日から入院です。早朝東京を発ち、そのまま入院先のクリニックへ向かいます。14時過ぎの主治医からの説明をつれ合いと聞きます。
 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

医療を考える | 23:07:49 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-03-02 火 15:01:37 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad