■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
1個だった
スタンチンベルトの包装箱ベッドサイドの机 3日、13時過ぎに点滴が始まり、14時アンギオ室入室。入室前にトイレに。
 血管造影のレントゲン装置には、「PHILIPS」のマークが付いていました。血管造影の機器の後ろにはCT装置もあり、造影CTの画像も確認しながら検査と治療が進められるようです。
 看護師さんや放射線技師さんによって検査用の台に収まると、血圧計と酸素計が付けられ、補助される若いドクター(実は研修医??)が、「お手伝いする医師です」とご挨拶がありました。
 その後、造影CT検査でいつもお世話になっているH先生が「始めますね」といって、看護師さんたちと消毒し腹部から足にかけて清拭布をあてて、局部麻酔が施されました。
 あとは、針を刺したりカテーテルを入れたりされましたが、さっぱり感覚がありませんでした。
 血管造影用の造影剤もCT検査のときに比べるとカッとしなく、門脈系?の造影剤の注入後に腹部に違和感が少しありましたが、そう気になるものでもありませんでした。

 検査の結果、肝腫瘍は「1個だけ」と術中に報告がH先生からあり、「これから治療を始めますね」といって、塞栓が始まりました。
 がんは、1個だけだったようですが、造影検査の結果、肝臓の内の血管のことで「いろんなことがわかったので後で説明しますね」と伝えられたことが気になります。

 検査と治療中の先生たちの様子は、放射線撮影装置にはばまれてさっぱりわかりませんが、H先生が若い先生にカテーテルの進め方や映し出されてくる画像の説明をされているようでした。でも、CT装置の騒音でよく聞こえてきません。
 放射線技師さんや介助される看護師さんたちに指示されるときだけは大きな声ですが。

 治療が一通り終わってから5分間経過してから、もう血管造影とCTが撮られました。この5分間を長く感じました、




安静時間を示す札 検査・治療中も痛みやしんどさはなく、1時間20分ほどで終了しました。
 カテーテルを通すために穴を開けた動脈の止血のためにH先生が股の部分を親指で押さえつけるのが一番痛かったです。
 止血も終わり、「スタンチンベルト プラス」で足の根本を縛り付け(14kg)て終了しました。

 血管造影検査でこのクリニックを選んだ理由は2つあります。
 一つは、このベルト使用です。2時間後にはベルトが外せること、3時間後には歩行が可能になることです。
 二つめは、塞栓物質。一般的なゼラチンスポンジではなく、「アクリル酸・ビニールアルコール共重合体」(紙おむつの中に使われているものと同じようなもの)だということです。(日本化薬の資料
 秦康博先生のレポート
  IVR TODAY 2009

 これら二つを利用することによって、検査や治療で拘束される時間の短縮や副作用に悩まされることを少なくすることができます。

 今回の治療が肝がんでは初めてですが、大変楽な治療入院で終わりそうです。
 歩き始めた18時半頃は、針を刺した局部がずきんずきんと痛かったのですが、それも30分ほどで引き、その後は自由に移動できるようになりました。

 夜も熱もむかつきも出ず、快適に過ごせました。

 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:25:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad