■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
そろばん勘定なのか B型肝炎訴訟の解決の道のり
肝炎患者支援のための市民フォーラム チラシ B型肝炎訴訟について、永妻大臣のコメント(3/9)が厚労省のサイトにアップされました。
 また、FNN 「ニュースJapan」3月9日にB型肝炎訴訟の問題が取り上げられました。
  「B型肝炎訴訟 命を救いたい鳩山政権が公には言えない理由を検証します」

 B型肝炎訴訟和解勧告が12日にも札幌地裁で出される可能性が高くなっています。
 政府側(被告)が和解に応じる気配がないのです。財源問題にめどが立たないのが理由なのでしょうか。

 昨日10日午後、日本肝臓病患者団体協議会の4人の役員と民主党肝炎対策議員連盟の柚木事務局次長と面談が行われました。そのなかで柚木議員からは3月中に法に基づく第1回目の肝炎対策推進協議会が開催される見通しだとのコメントがありました。
 柚木みちよし活動報告ブログ

 いずれにしても、肝硬変・肝がん患者は、時間がないのです。はやく最善の医療を受けて、今以上に病気を進行させない、早く治したいとの強い願いがあるのですが、政治も役所の対応(制度作り)もこの部分については遅々として進みません。


 厚労省 HP 大臣記者会見 10/03/09 閣議後ぶらさがり
 http://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/2r98520000004ryx.html
 肝炎訴訟の対応について永妻大臣の記者とのやりとりの部分は以下の通りです。

--------------------------- 厚労省のサイトより抜粋 
(記者)
 B型肝炎訴訟についてですが、今週金曜日に札幌地裁が和解勧告を出す見通しなのですが、改めて大臣はどのような解決が望ましいと考えていらっしゃるか、それと和解による解決の場合にどのようなことが課題になってくるのか、それぞれお伺いできますでしょうか。
(大臣)
 12日ということが言われていますが、具体的にどういう形になるのか、どういう中身なのか、そこは見極める必要があると考えておりますが、もちろん省内でどういう形が考えられるのかということは、色々な考え方を準備をしておりまして、打ち合わせもしているわけですが、色々な考え方がありますので、まずは仮に12日にそういうことがあればその中身を見極めていくということが重要でありますので、今の段階で予断を持って「こうだ」ということは確定的には言う段階ではないと思います。ただ、色々なパターンの準備はしているということです。
(記者)
 原告団の中には余命わずかの方もいらっしゃって、原告団の中から「大臣の解決への取り組みがあまり意欲的ではないのではないか」という批判の声が出ているのですが、その点についてどのように受け止められますか。
(大臣)
 まだ12日がどうなるのかということがありますし、これは核酸アナログ製剤治療への助成を平成22年度からさせていただくこととしておりますが、今回は裁判の話が間近に迫っているということでありますので、より考え方を進めたものが出来るのか出来ないのかということで、まずは判断をいただいて、我々としてはそれについて十分準備をしていくという段階です。内閣全体で取り組む課題でもあると思います。

(記者) 
 先程のB型肝炎の関連ですが、関係閣僚の会合を持つような話をされていたと思いますが、そちらはどうなっているのかお聞かせ下さい。
(大臣)
 これについては色々な、官邸サイド、あるいは財務省サイドと事務方レベルで交渉を準備の段階でしております。厚生労働省だけというよりも財政当局も絡む話ですので、必要がある段階ではそういうような協議をするということでありますが、まずはどういう判断が具体的になされるのかということを我々として見極めていきたいということが前提です。

--------------------------以上です。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 11:37:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad