■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インスリン卒業
院生からのおたより 13日、朝一番に糖尿病専門クリニックを受診しました。
 12月7日から朝昼晩食前3単位の即効型インスリンを注射していましたが、この日の診察で、インスリンをやめることができそうだとコメントをいただきました。
 ヘモグロビンA1cは、6.2。
 食事、運動に心がけ、間食を慎むようにとアドバイスをいただきました。
 自宅近所の開業医からの紹介状で受診しましたので、これまでの経緯と今後の治療について、紹介状を書いて郵送していただくことになりました。来週にでも、近医Nクリニックを受診します。
 この日の医療費は、12000円。そのほとんどは、在宅医療管理料(自己血糖測定用チップ3か月分)。このチップが高いのです。1回分100円以上します。

 肝がん対策は、当面、大阪府下のIクリニック、所沢のH先生のクリニックで相談を進めながら、私の考えでは、大阪市内の総合病院で、肝がんの治療を受け、ウイルスのコントロールが必要ならそちらで治療方針を相談しようと思っています。



ドクター向けのテキスト 表紙「肝炎診療バイブル」 私が治療施設の一つとして考えている病院の先生たちのグループが最近出版されたご本で勉強を始めました。

■院生からのお便り
 昨秋、東京でがん患者会活動について、聞き取りを受けた院生さんから修士学位論文ができあがったと、その冊子と添えられたお手紙が届きました。
 患者の望むことを患者団体としての「要望項目」としてまとめ、活動を通して時の政府の政策として提言し、実現させる過程を取材し分析し論文にまとめ上げる、一学生さんの学位を取るための取り組みですが、患者会でも大変参考になるものです。(写真上)

NPO法人大阪難病連の事務所
 大阪肝臓友の会が行った「患者交流会」(6回/年)の助成金申請を行うための手続きで大阪難病連事務所を訪問。
 昨日、相当の時間をかけて、申請書、実施報告書、経費領収書など関連書類を会長さんと作成。それを持参しました。助成があっても数万円。でも財政逼迫の折、助かります。


スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:15:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。