■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
遺伝子多型と治療効果やA型肝炎の流行
静岡駅前の音楽館 全景講演会風景
 14日午後、上京の途中静岡で途中下車して、田中靖人先生(名古屋市立大学医学部教授)の講演会に参加しました。
 開会にあたって、静岡肝友会の顧問医のお一人、伊東先生が、田中先生のご紹介をされました。お忙しい先生のお一人です。11日は、沖縄で、12日は東京で、13日には岡山でご講演や会議に出られ、14日当日も患者会向けの講演会の前に静岡の先生方にレクチャーをされ会場に駆けつけられたとのことでした。
 伊東先生の講師紹介の間に、私の回りの参加者からは「お若い先生ねぇ」という声も飛び交っていました。

 講演は、ウイルス性肝炎の概括について説明され、経口感染のA・E型肝炎についてもわかりやすく説明され、とりわけ注目されるのは、
 ・A型肝炎は、お隣の韓国でも流行してきていること、日本では、性交渉での感染が目立つようになってきていること。
 ・E型肝炎は、子豚やイノシシ、シカの生食が日本では感染原因になり、増えてきていること。

 


【治療効果を予測する患者さんの遺伝子検査】
1.どのような方人が遺伝子検査を受けるべきか
 ①C型肝炎に感染している方
 ②インターフェロン治療を迷われている方
 ③過去にインターフェロン治療が聞かなかった方

2.ペグインターフェロン+リバビリン併用療法治療効果を規定する遺伝子要因
 IL23B(インターフェロンλ)領域遺伝子多型(SNPs)
  
  SNPs同定 メジャーアリル(通常の遺伝子) 治療有効(予想的中率80-90%)
       マイナーアリル(低反応遺伝子) 治療無効(予想的中率80-90%)

と現在のところの的中率などの説明もありました。

 田中先生は、1時間あまりの講演を終わると急いで会場を後にされ、新幹線で次の用事経向かわれました。

 その後、伊東先生から、この検査の今後について説明されました。
 説明によると、保険適用までに時間がかかるので、「先進医療」の制度に適用させ、保険診療と併せて診療に使える仕組みをめざすとのことで、早ければこの夏まで、遅くとも秋には、患者さんの診療に使えるように取り組まれているという説明がありました。
 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:06:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。