■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
早く和解を B型肝炎訴訟 36人追加提訴 419人の原告団に
B型肝炎訴訟リーフレットB型肝炎訴訟 リーフレット 24日、全国7地裁にB型肝炎訴訟で追加提訴が行われました。
 札幌、東京、新潟、金沢、大阪、広島、福岡の7地裁で36人が追加の一斉提訴を行いました。原告総数は、10地裁で419人になります。
  毎日新聞 「B型肝炎訴訟:36人が追加提訴、原告419人に

 すでに2006年6月に最高裁が、集団予防接種によるB型肝炎の感染について、原告側の主張を全面的に認め国の責任を認める判決を出しています。
 国は、未だに裁判を続ける姿勢を改めないのは、税金の無駄遣いだと思っています。鳩山政権は、「コンクリートから人へ」「いのちを大切にする」と国民に訴えているのですから、B型肝炎の集団感染についても最高裁で決着がついているのですから、早急に被害者の救済に向けて、裁判についても和解のテーブルにつき、謝罪しB型肝炎患者・感染者への療養支援、偏見差別解消の対策を早く打ち出すべきだと考えます。

 26日、福岡地裁も和解勧告を出しました。
  「B型肝炎:福岡地裁でも和解勧告 札幌地裁に続き」毎日新聞 10/03/26付け


■B型肝炎訴訟大阪弁護団からメールをいただきました。

 3月24日、大阪でも3名の原告が追加提訴して新しい仲間となりました。
 その中の久永さん(大阪市内在住)は実名をだすことを決意され、先日記者会見もしました。
 30歳台の働き盛りに肝炎を発症し、その後重い肝硬変で余命3、4ヶ月と宣告され、母から生体肝移植をうけた方です。
 久永さんは、ご自身のブログで、B型肝炎被害のことを書いていますので、合わせて紹介します。
  ★現在のブログ:「この地球(ほし)に生まれて
  ★2004年に静脈瘤で入院して以降、手術にいたるまでの状況をまとめていたブログ
    「蒼い星の下で

 朝日新聞 社説「肝炎和解勧告―B型も救済へ決断の時」(10/03/23)
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 06:58:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad