■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
頼みの血管が
2日の造影CT 2日、朝一番にGクリニック(放射線科)で、造影CT検査を受けました。先月3日に受けた塞栓化学療法の効果を確認するものでした。(写真)
 やはり大きくなっていました。長径13mm。ドクターの説明では、血管が過去の激しい肝炎などで縮れて細くなっていて、カテーテルも塞栓物質もその先にきちんと届けられていないとのことです。この部位の塞栓は難しいだろうとのコメントでした。
 後は予定(4/7)しているラジオ波できちんと始末できることに期待することにします。

 説明では、他にも要観察部位があるようです。定期的にチェックが必要だとのことです。
 縮れた血管の先の塞栓のためには、より細いカテーテルと微細な塞栓物質の登場を待たねばならないようです。
 この日の医療費負担は、保険診療 13,300円(初・再診料121点、医学管理料 625点、画像診断料 3,028点)、実費その他1,050円(CDR:画像データ)。




■午後からは、友の会事務所当番。
 50歳代のC型肝炎(肝硬変)患者さんが来室。インターフェロン治療について相談に乗ってくれる医療機関を教えてほしいとの相談でした。
 他にも、身障手帳申請など6件の電話相談がありました。
 新入会者が2人。入会問合せが2件。北海道や岩手、京都の患者会から会報が届けられました。

 国会請願署名も募金を添えて届けられていますが、目標にはまだまだ足りません。
 どうぞご協力をお願いいたします。

 肝臓週間の記念パネルディスカッションは、鹿児島で開催されるとの案内Faxも届きました。

 問い合わせていた肝炎治療医療費助成に関する大阪府のホームページの更新についても担当課からお電話で更新するまでもう少し時間がかかるととのご連絡をいただきました。
  http://www.pref.osaka.jp/kenkozukuri/kanen/index.html
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:15:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。