■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
入院治療計画書 「肝細胞癌」
屋上からの展望 5日、息子がいる小平から直接入院する病院に向かいました。途中、JRの駅近くの喫茶店でつれ合いと合流。一緒に病院へ。
 予定通り14時前に病院到着。入院係で手続きを済ませました。この病院はこの4月から国指定の「がん診療地域連携病院」に新たに指定されました。入院係のカウンターには、「がん患者さんの不安にお答えする相談コーナーをお気軽に利用ください」とカードがそれとなく目を引くところにおかれていました。

 手続きを済ませると入院病棟のナースステーションの場所を教えていただき、そこからは看護師さんが病室へ案内してくださいました。
 すぐに胸部・腹部レントゲン、心電図検査の指示があり、検査は混んでいて小1時間かかりました。
 部屋に帰るとがん患者相談支援の看護師長さんが来てくれて、1日に質問していたことの追加説明をいただきましたが、期待するような情報はありませんでした。主治医とよくご相談くださいとのことです。
 また、肝細胞癌に関する資料もそろっていないとのことでした。

 しばらくすると担当看護師さんが来られて、説明室に案内され、下記説明書をいただき、今度は入院中の説明が担当看護師さんからありました。
 ①入院診療計画書 病名「肝細胞癌」 症状「なし」 治療計画「4月7日経皮的ラジオ波焼灼術」 検査内容及び日程 適宜追加します。 推定される入院期間 10-14日間(場合によって延長することがあります)
 その他・看護計画など パス通り
 主治医 T・T 看護師 T・Y 主治医以外の担当者 M・A(イニシャルに改変)

 ②ラジオ波焼灼術を受けられる方へのケア計画書
 ・月日
 ・経過
 ・達成目標  
 ・治療・薬剤・リハビリ
 ・検査
 ・活動安静度
 ・食事
 ・清潔
 ・排泄
 ・患者様ご家族への説明(準備物など)、栄養指導、服薬指導

 ③入院される方へ(病棟の説明)
 1.受け持ち看護師(師長名、副師長名2、従事看護師名2グループ27名列記)
 2.週間行事及び入浴時間について(シーツ交換、部長回診、体重測定、入浴時間)
 3.検温時間
 4.感染防止(手指の消毒)
 5.採血や点滴の後の綿花の処理(ゴミ箱には捨てない)
 6.病室の移動
 7.TV視聴の注意
 8.外出、外泊は前日までに届け出て許可を得る
 9.消灯は22時
等の説明が行われました。あわせて緊急連絡先や家族構成など聞き取りが行われました。




 看護師さんからの入院中の説明が終わると、しばらくして主治医がご挨拶に来られました。1日に胃カメラ検査を担当されたT先生。またしばらくすると担当される専修医(医師免許取得3年以上)のA先生もご挨拶に。

 夕食は18時。食後の散歩で病院内を散策。
 大きな病院です。消化器肝臓内科の病棟は、私が利用する病棟以外にももう1フロアーありました。ナースステーションの前では、肝生検やラジオ波治療に使用する大きな椅子のような治療台(ちょうど肝臓の脇腹の部分にあたる椅子の側壁にくぼみがある)の組み立て作業が業者の方によって行われ処置室に運び入れる準備がなされていました。

 最上階にはレストランがあります。入り口付近には書棚があり漫画がいっぱい並べられ、窓側には無線LAN設備もありパソコンを持ち込んでインターネットを利用することができると案内されています。
 4,7、13、14、20、21日には、アコースティックギターやソプラノ歌手・ピアノの演奏が音楽ボランティアの方々によって19時から行われると案内されています。入場無料です。


 消灯は22時。

 入院中の「つぶやき」を始めます。
  http://twitter.com/sin594
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:49:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad