■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マスクで目隠しをされて
服薬トレイ 7日14時30分予定通りスタッフルーム(詰め所)まえの病室1005号を利用した治療室でラジオ波焼灼術を受けました。
 電極2cm針が使われたようです。T主治医が現場監督で、看護師2、専修医A先生が実施、機械操作(電流の調整)が肝臓内科の女性医師でした。

 この4月に導入された真新しい治療ベッド(いす)の上に寝かされ、寝間着のズボンをおろして両大腿部に電流の逃がす電極(ゼリーを塗った相当冷たく感じる)を付けられました。
 あと頭に電極を付けられるとアメリカ映画に出てくる死刑囚と同じです。
 ラジオ波の方は、肝臓の中に「電極」を刺してその先っちょ2cmに電流を流すわけですから、電極だけをみればこちらの方が残酷です。

 針を刺すのはA医師、相当長い時間肝がんのある場所をエコー検査のブローブで探っておられました。現場監督のT先生と場所と方向を確認し合い、いよいよ針を刺しますがちくっとした痛みがあっただけでした。相当緊張していて血圧も高いと看護師さんが声をかけたときに黙って刺されてしまったようです。

  治療の方は、そう痛みを感じなかったのですが胸やおなかが急に締め付けられるような圧迫感が治療開始6分頃からきつくなり、7分前までに電流が止められました。目標(8分)とする時間まで電流がかけられなかったようです。
 どうも心臓(心電図、徐脈?)に異常が出てその時点で中止されたようです。
 現場監督の指示は、「電流止めて!、○○注射、急いで!」というのが聞こえました。


 私と治療実施医との共同作業が無ければ、治療がうまくいかないことも実感しました。エコで患部を見つけ出
す作業や治療心を挿入するのに超音波画像をみながら行われます。
 ドクターの指示「息を吸って、楽にして、ゆっくり息を吸って吐き出して」の繰り返しの中から癌の部位を確定し針を刺し治療をします。よく体験できました。
 これができない患者さんと遭遇するとドクターは癌を見つけ出すことが大変だなと思います。

 昨年12月に初めてエコーで肝がんらしいSOL(画像の呼び方、10mm前後)を見つけてくださった超音波技師さんとは患者会でお世話になっている方です。患者会と協力して保険医協会で開業医向け超音波研修会をされています。(次回は4/18、私もモデル患者として参加)
 私の癌の治療のきっかけになった検査のおりに、肝がんであれば見つけにくく治療のしにくそうな場所だともいっておられました。

 治療終了後、夕食を食べてから、よく眠れました。

 夜、現場監督を務められた主治医から、治療結果についての説明に画像をもってこられましたが、眠そうな顔をしていましたので明日に説明を延ばしてくださいました。
 ひとまず終了です。後は合併症の管理と治療効果の判定(画像検査)が待っています。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:55:22 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
大変な治療の中にも係わらず、具体的にお知らせいただいて
お身体の方は、大丈夫なんでしょうか?
とても、不安だったことと思います。
私も心配しながら拝見させてもらい、勉強になりました。
今はひとまず終わって、ホッとされておられることでしょう。
夜は、よく眠れたとのこと…何よりでしたね。

治療効果に期待をし、合併症がないことを願っています。
元気なお身体に戻れる日をお待ちしています。

医療費助成の件は
佐賀と福岡の違い、対応の違いなど明確なものでした。
いかに佐賀県が他県に比べると、言いようのないもどかしさを
感じてしまいました。
福岡県の担当者は、親切丁寧に教えてくださいました。
国民保険では、入院の時にあらかじめ限度額認定証を窓口へ提示すると、支払いが自己負担限度額までになることなど・・・

また、個人の開業医の先生は(佐賀県では)
インターフェロン投与は、うちはできませんと
きっぱりと断られたり・・・
そんなこんなで結局、住民票を福岡へ移動し治療に専念することに
専門医の主治医と相談の上決めました。

今日のご気分はいかがでしょうか?
どうぞ、お大事にしてくださいね。
2010-04-08 木 11:32:03 | URL | かすみそう [編集]
佐賀県 感染率、肝がん死が多い県なのに
 大阪でも治療費助成事業が始まっています。がんの治療が一段落したら、抗ウイルス剤エンテカビルの服用を始めることを主治医に相談してみようと思います。
 大阪も診断書は1枚、高額療養費の申請を一度市役所にしておけば、利用券が発行され、それを医療機関に持参すれば限度額内の支払いで済むようになっています。
 大阪府の医療費助成
  http://www.pref.osaka.jp/kenkozukuri/kanen/index.html


 私は、行政に不満があれば、ネットを使って担当課に要望を伝えるようにしています。大阪府と厚労省に行いましたが、府の場合は、課長補佐さんから電話があり、今後の対処法について説明がありました。

 佐賀県の場合は下記サイトに
  http://www.pref.saga.lg.jp/web/iken.html

 佐賀県のサイトには、肝炎治療医療費助成についての解説・紹介サイトが見あたりません。早急に作成し公開することから求められてはいかがでしょうか。
2010-04-11 日 10:17:43 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。