■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
造影CT検査
病院からの眺望検査後の延食 13日午後、造影CT検査。CT検査室にいくと中待合で同意書を渡し、順番を待ちました。15分ほど待って順番が来て撮影室に、東芝製の機械だった。造影剤の注入器もよく見える位置にあったのでしげしげと眺めてみました。ロボットアームのような中に巨大な注射筒があり、緑色のLEDで照らされています。
 最初のCT撮影の後、「これから造影剤を入れますよ。はい、入り始めました体がカッと熱くなります」との呼びかけと同時に青色のLEDランプに照らし出されたシリンジが動いて造影剤が入っていきます。

 カッとする感じは、G放射線科クリニックの造影剤より穏やかな感じがしました。造影剤はなんだったのだろう、同意書にも書いていなかったので後で聞くことにします。
 


 同時刻帯に、友の会事務所では会報作成担当運営委員さんなどで、版下の校正作業が行われています。
夕方には、I事務局次長(会員管理担当)さんが、校正が終わった版下を病院まで持ってきてくれました。
 夜と明日の朝を使って、版下の修正をして、印刷所に持参することになります。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:15:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad