■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
B型肝炎訴訟 粘り強く「政府」へ
17日の昼食屋上展望フロアーからの眺望 晴天で気持ちが良い 

 入院生活ですが土曜日は看護師さんも少なく、朝昼晩の交代時のご挨拶以外に、私の用事も特にありませんでした。
 会員さんがお一人、お見舞いがてらにご相談にこられました。
 ドップラーエコーと造影CT所見、血液検査のデータをお持ちでした。5年前に肝切除を行われ、今回初めて再発です。治療法の選択のうえで、どのような知識を持てばよいのかが、今回のご相談ごとです。


 3月から厚労省前などでの集会などを行っているB型肝炎訴訟原告・支援者は4月6・7日に続いて、20・21日にも厚労省前行動が行われます。

 B型肝炎訴訟、4月2回目の東京行動の予定のお知らせが届きました。
以下のとおり予定されています。

* 4/20
 11:00~ 日比谷公園カモメの広場で、抗議集会→座り込み
 12:00~13:00 厚生労働省前街頭宣伝行動
 13:00~16:30 座り込み
 16:30~ カモメの広場出発、デモ行進
 17:00~18:00→銀座マリオン前で街宣行動

* 4/21 10:00~ 日比谷公園カモメの広場で、抗議集会→座り込み 
 12:00~13:00 厚生労働省前街頭宣伝行動
 13:00~17:00 カモメの広場で座り込み(13:30東京訴訟進行協議)



B型肝炎訴訟原告弁護団、厚労省前宣伝行動
 大阪肝臓友の会でも、B型肝炎訴訟のことをすべての会員に知ってもらうために、下記の記事を掲載しました。

 B型肝炎訴訟 政府は早期全面解決を!

 3月12日午前、B型肝炎訴訟で札幌地方裁判所が、和解を勧告しました。全国のB型肝炎訴訟は10地裁で裁判が行われていますが、裁判所が和解勧告を出すのは初めてです。また、その内容も評価できるものです。札幌地裁の和解所見の内容は、右の通りです。また、3月26日には福岡地裁でも和解勧告を出されました。原告側は、これまでに和解勧告を受け入れることを表明しています。
 和解勧告を受けて、鳩山首相は、「仙谷由人国家戦略担当相を中心に」検討作業を進めていく方針を記者団に示しましたが、和解に応じるのかどうかの判断は、5月14日の札幌地裁の期日まで先延ばしするようです。

 厚労省前集会

 3月16日、厚労省前・日比谷公園で行われたB型肝炎訴訟早期解決のための集会・国会要請行動などが行われ、当会会員の原告も数名が参加されました。
 16日、B型肝炎訴訟早期解決を求めて、院内集会、参院厚生労働委員会傍聴、政党ヒヤリング、国会議員要請が行なわれました。
 B型肝炎訴訟原告は、北海道から九州まで各地から参加して約80名で行動しました。
 全国B型肝炎訴訟原告団(谷口三枝子全国代表)は、和解勧告を受け原告団は早期全面解決のため国がただちに協議のテーブルにつくようにと、訴えました。
 国会議員の激励挨拶は、共産党、みんなの党、新党日本、民主党の議員の方々が本会議や委員会の合間に駆けつけました。
 日肝協は、沖常任幹事が連帯の挨拶を行いました。16日深夜、大阪の69歳(肝硬変・肝がん患者)から寄せられたメールを紹介する形で、患者の実態と肝炎対策基本法が施行された下で、350万人患者・感染者が安心して、治療と生活ができる体制をB型肝炎訴訟の解決とともに前進させるよう訴えました。
 薬害肝炎全国原告団:静岡・石ケ谷秀子さんが挨拶、恒久対策と検証進めておりB肝解決のため、支えていくと決意を込めた挨拶。
 全国の原告からの訴えがあり、支援の学生が朗読劇を行いアピールしました。
 その後、日肝協参加者からは、柚木・福田両議員に対して、国会請願行動など日程の詰の懇談をお願いしますと、お願いしました。
 16日開催された参院厚生労働委員会の傍聴に16名参加で見守りました。委員会は、公明・木庭議員:がん対策のがん検診、共産党・小池議員が肝炎和解勧告を受け、和解協議のテーブルに着くよう長妻大臣に迫りましたが、大臣は、次回期日までに検討するとの答弁に固執しました。山井政務官に対しても協議に応じる様求めましたが、期日までに検討して案を考えるとの答弁。
 社民党・近藤議員は、カルテのない薬害患者の支援について、大まかに薬剤投与の事実があれば和解による救済をと迫りましたが、現在カルテがなくても16%の患者救済があり母子手帳など、可能な証明に力をそそいで解決していきたいとの答弁でした。
 委員会終了後、長妻大臣・山井政務官を取り囲み柳沢弁護士、日肝協参加者がそれぞれ和解協議に応じるように要望し、参加した原告からも実情の訴えをしました。
 政党ヒヤリングは、新党日本、社民、自民、公明、民主の順で行いました。
 18時から最後の民主(肝炎対策議員連盟中心)のヒアリングが行われました。
 国会議員への要請行動や厚労省前集会は17日も引き続いて行われました。

 札幌地裁の和解所見
 当裁判所は,本件訴訟につき和解勧告をする。
 当事者双方は,次回期日(平成22年5月14日)を目処に、和解協議に入れるか否かについて検討されたい。
 当事者双方が,和解協議に入れるとの結論に達した場合には、次回以降、救済範囲に含めるか否かの認定基準及び救済金額について,具体的な協議を進めていきたい。
 なお、当裁判所は、和解協議にあたり、救済範囲をめぐる本件訴訟の各争点については、その救済範囲を広くとらえる方向で判断し、それとの相関で,合理的な救済金額を定めるものとするとの指針を持って臨むこととしたい。

 日肝協に寄せられた患者さんの訴え
 大阪の肝硬変患者です。身体障害者福祉法の改定による肝臓病も身体障害者手帳の交付が受けられることを役所の広報誌をみて申請用紙をもらい、入院中に診断書を書いてもらうべくお願いしたが、手帳の認定基準にあたらない。「よく相談を受けるが、現在入院している肝細胞ガン患者のほとんどは該当しないであろう」とのこと。
 認定基準に該当したとしても、診断書を書くための所定の検査が2回、そとて役所経由で審査会へ、ということでしょうが、まず本人が動ける状態になく手続きもできない。
 肝機能を少しでも改善するため再三の手術やアルブミン一つとっても投薬で栄養を補給してい肝機能を保持しています。また血管が抗がん剤でかなり弱ってきている。閉栓術後に不整脈もでているともいわれた
 本年、たくさんあったガンは抗がん剤を流し、一応の処置を終え退院したが2箇所ある13mmが前回の処置時に腹水がでたのでラジオ波は見送っることとなる。つぎつぎとガンが発生しそのたびに体力低をまねいている。
 C型は解決済みと思っている方が大半を占める現状、しかし各病院の消化器科の大半は肝臓病患者で気力なく、金銭面でもこどもの支援で遠慮しながら暮らしている方が非常に多いと考えられる。
 いまガンで苦しんでいるのは概ね60~80歳代の方が多いと思います。(略)
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 08:22:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad