■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
地域でのがん患者相談
文科系大学と公立病院などとの連携プロジェクト 私が肝臓病患者会の役員をしていることは、ご近所でも知れ渡っています。はじめは「テレビに出ていましたねぇ」「新聞記事を拝見しました」等々、ご近所さんから声をかけられました。

 最近は、ご相談毎で声をかけられます。「知り合いがだいぶ以前の輸血が原因でC型肝炎になった。最近は重症化し、腹水もたまり苦しそうだ、肝がんもできている。病院や国から賠償してもらえるのか」とか、「家族が肺癌の療養を初めて長く、思わしくない。この間、大学病院でセカンドオピニオンを受けたが、そこでの説明では、抗がん剤治療は体力がいる、患者さんは体力が相当低下しているので、病院か在宅でホスピスに移行する方がよいと言われた、どうすればよいのか」等々、24日には2件のご相談を受けました。

 それぞれにていねいに対応しました。
 私も肝がん体験患者、地域でのがん医療体制がどうなっているのか、きちんと整理し、足らない部分は、役所をはじめ関係先に求めていかねばなりません。



 資料として私の街の公立病院が発行する「地域連携室だより」から、がん治療、緩和ケア、消化器科に関する記述のある部分(09年12月号~10年5月号)を抜粋し、ご紹介します。
  こちらからダウンロードください。pdfファイル(ボリューム大きいです。3.49Mb)

 最初の写真は、「桃山学院大学 地域社会連携プロジェクト和泉市のがんケア 第1回講演会・ワークショップ
“府民に届け!大阪ならではのがん情報
”」の催しが6月5日が開催されますが、その案内チラシです。
 この催しのお世話をしておられる大学の伊藤高章先生のブログ「臨床スピリチュアルケア専門職に関する伊藤高章のウェブログ」で、和泉市でのがんケアについて、最近紹介されています。
 

 また、和泉市立病院のサイトでも、がん治療に関する取り組み(医師の配置など)の紹介が地域連携室だより
で紹介されています。
 http://www.hosp-izumi-osaka.jp/f_index.html
 先にご紹介した抜粋資料はことらが原本です。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:36:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad