■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
地域社会連携プロジェクト 「がんケア」
6/5 桃山学院大学 公開講座「和泉市のがんケア」 「桃山学院大学 地域社会連携プロジェクト『和泉市のがんケア』」 に参加しました。
 大阪がん医療の向上をめざす会が取り組んでいる「協働プロジェクト『よくわかる ! 大阪のがん診療NOW』」をめざす会の濱本さんが画像を駆使し説明されました。
 めざす会のお仲間も4人が聴講されました。

 濱本さんのプレゼンはすごいです。
 濱本さんが事務局長を務める「がんと共に生きる会」と「めざす会」の歴史をすべてまとめ、その上で協プロ、「よくわかる ! 大阪のがん診療NOW」の実演まで。

 よくぞまとめられました。感嘆するばかりです。




 「桃山学院大学 地域社会連携プロジェクト『和泉市のがんケア』」の第1回目のイベントです。これから秋に和泉市立病院に「がんセンター」が開設される予定です。
 桃山学院大学社会学部・社会福祉学科を中心にして、和泉市医師会、和泉市立病院、府中病院、地域の介護・看護
サービス提供組織などが、連携し、和泉市と隣接市町のがん患者・家族ケアの仕組みの検討が始まり、大学の公開講座が一般市民も参加できる検討会のひとつとなるのではと期待しています。

 
文科系大学と公立病院などとの連携プロジェクト【再掲】 この催しのお世話をしておられる大学の伊藤高章先生のブログ「臨床スピリチュアルケア専門職に関する伊藤高章のウェブログ」で、和泉市でのがんケアについて、最近紹介されています。
 
 また、和泉市立病院のサイトでも、がん治療に関する取り組み(医師の配置など)の紹介が地域連携室だより
で紹介されています。
 http://www.hosp-izumi-osaka.jp/f_index.html
 先にご紹介した抜粋資料はことらが原本です。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:33:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad