■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
高齢者・肝硬変患者への治療 インターフェロンの可能性
紀の川市打田保健福祉センター公開講座 13日午後、「C型肝炎の治療に関する市民フォーラム」が、紀の川市打田保健福祉センター(和歌山県紀ノ川市)で開催されたので聴講しました。小さな市での開催にもかかわらず300人近い聴講がありました。
 和歌山放送ラジオと和歌山県立医科大学のグループが主催され、インターフェロン治療を熱心に取り組んでいる那賀病院や県立医科大学の先生方が講演されました。

 注目したのは、高齢者や肝硬変患者さんに対するインターフェロン治療の工夫でした。
 また、肝がん早期発見に関する造影剤を使ったエコー検査、MRI検査でも、新しい検査法がわかりやすく紹介されたことです。

 和歌山放送ラジオのHPでそのことが報じられています。
  http://www.wbs.co.jp/news.html?p=14608



JR和歌山駅 和歌山線・きのくに線
 次のように報じられています。

 C型肝炎の治療に関する市民フォーラム開催
 C型肝炎や肝臓の病気の最新治療についてわかりやすく話す「肝臓病市民フォーラム」が、きょう(13日)紀の川市で開かれました。このフォーラムは、和歌山放送ラジオや地元の医師らが中心になって開いている健康啓発の取り組みです。午後1時から紀の川市役所、打田保健福祉センターのホール田園で開かれたフォーラムでは、公立那賀病院の宇野亜紀子(うの・あきこ)医師が、インターフェロンによるC型肝炎の治療について話したほか、県立医大消化器内科の肝臓病の専門医が、肝硬変や高齢者の肝臓治療について講演しました。また肝臓病の診断方法や食事療法について話したり会場の市民からの質問にも答えるなどして啓発につとめていました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

治療・治療薬 | 23:19:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。