■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
自分と重ね合わせ 肝炎訴訟家族の陳述
徳島 美波町日和佐で 25日、B型肝炎大阪訴訟の第9回口頭弁論期日を傍聴しました。傍聴席は、原告ご家族や支援者、報道関係者でほぼ埋まっていました。応援者の熱気が伝わってきます。
 この日は、原告47番さんの夫人が陳述されました。昨年11月にご本人が述べる予定でしたが体調不良でかなわなかったのです。

 準備された原稿を読み上げられましたが、聞いていてそれはもう壮絶な闘病生活そのものでした。遺族は、夫人、18歳と20歳代の息子さんお二人です。B型肝炎最初のご入院が1980年。

 私も息子が20歳代の2人。最初の入院は1985年。違うのは、2009年12月に肝発がんの宣告を受けたことです。

 弁護士さんの陳述は、
1)2006年6月の最高裁判決の基準に従い、早期に裁判を終結させること。
2)今後の裁判の進行について
の2点について、3人の弁護士さんが陳述されました。

 14時30分から、大阪弁護士会館で報告集会が行われました。こちらも原告・ご家族、支援者でいっぱいになりました。市立大学の学生さんが、原告の苦しみを「朗読劇」にして披露され、演じられるたびに、工夫されうまくなっています。
 この朗読劇のことが、共同通信の配信記事になっています。
  共同通信「B型肝炎闘病の苦悩伝えたい 学生らが朗読劇」(10/06/26)


 意見陳述から闘病状況を抜き出してみました。
 私自身の場合と重ね合わせ、どう対応するか考えてみることにします。

原告47番夫人の陳述から
 --------------------------------------
1980年夏 B型肝炎で入院
2006年11月 職場検診で肝機能悪化指摘
2007年7月 肝がん告知(2.5,1,1cm3個)肝臓脈塞栓術、温熱療法も受け始める
2007年8月 再発、ラジオ波、抗がん剤治療
2008年2月 再発、ラジオ波
2008年7月 再発、
2008年11月 再発、抗がん剤治療(血管が枯れ枝状態で薬が患部に行き渡らない)再発を繰り返し5回の入退院。
2009年6月 抗がん剤ネクサバール服用始める。手足の皮膚の副作用がひどく1か月で中止(治療法なく、主治医「様子を見ましょう」)
2009年10月 意識喪失、救急搬送(骨転移→放射線治療)
痛み止めの薬、利尿剤、食欲増進のためのリンでロン、便秘の薬など13種類も服用。医療用麻薬は、薬剤師の問診と看護師の質問を受けてから
投与される。
2009年11月 希望して退院。26回目の結婚記念ランチ(通院で放射線治療)
   樹状細胞療法・活性リンパ球療法の免疫療法を入院中から受ける。
2009年12月 在宅、食事とれず近医の訪問診療で点滴。
体重増加を相談。主治医から病院受診を薦めらた。、入院に。
2009/12/10 入院
12/11 “いのち”尽きる。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎訴訟 | 23:28:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad