■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝炎沈静化 HBV DNA減少
10/06/21徳島県美波町日和佐 ウミガメ博物館 カレッタ 6/29午前、医療センター受診日。
 診察室に入るとM先生。「おかわりありませんか」ときいてこられます。循環器科で検査を受けていることを伝え、昨日、トレッドミルを受け、結果は芳しくなかったことを伝えました。
 「心臓の方が心配ですね」と、血液検査の結果が説明され、ALT 31、HBV DNA 4.9、HBe抗体 98 ウイルス量は4月入院中に比べると激減。抗ウイルス剤服用の判断は「悩ましいところです」とのこと。次回、7/27診察が入り、1週間前の採血と造影CTの検査を7月に受けて、その結果を持参するようにとの指示です。
 
 G放射線クリニックで7/20に造影CT検査の予約を入れました。H院長先生7月は月曜日の診察しか入れておられなく、7月は予約が取れませんでした。他の放射線科医の受診日に予約を入れました。




■肝疾患相談支援センター見学始める
 大阪肝臓友の会で療養相談を担当していて、相談支援センターの実情なども見ておくべきだと強く感じるようになりました。
 大阪には、医学部のある5大学病院すべてに肝疾患相談支援センターが置かれています。
 電話をかけると、医療相談担当のソーシャルワーカーさんがでられて、必要な場合は肝臓専門医による面談の予約が入れられることになるところもあります。
 29日午後、1か所目の南大阪にあるK大学病院を訪問。B型肝炎訴訟支援活動で知り合った、ソーシャルワーカーさんが同行。医療相談担当の医事課Tさんが対応してくださいました。
 相談担当のU先生も合流され、「相談室」で、お話をお伺いしました。
 相談を受けて、「セカンドオピニオン」との振り分けが難しいこと。ウイルス肝炎の場合、検査データがなければ、踏み込んだコメントができないことが多く、日常診療への受診をすすめることが多く、純粋な相談事例だけで終わることがきわめて少ないことなどが説明されました。
 ドクターとのお話を終えて、がん患者相談支援センター部門(情報提供コーナー、緩和ケア担当詰め所(事務室)、外来化学療法室と抗がん剤調剤室、総合案内(情報提供コーナー)などを見せていただき説明を受けました。

 病院内での努力として、他科での受診でウイルス保有者を肝臓内科に紹介していただくことにも力を注がれているとのこと。
 面談を終えて、担当教授ともコンタクトをとり、肝がん再発阻止対策(化学療法)の分野の勉強会も企画しなければならないことにも気づきました。

日本肝癌研究会
 第46回日本肝癌研究会が、7月7日~8日に大阪国際会議場で開催されます。
   
 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

療養日記 | 23:07:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。