■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
電話相談、講演会打ち合わせ、がん検診で自治体訪問
 12日、午後、事務所で9月の医療講演会のことで製薬会社からご案内をいただき、説明を受けました。
 9月12日、和泉市コミュニティーセンターでウイルス肝炎の公開講座が行われます。
 和泉市立病院の消化器内科に赴任された坂口肝臓センター長らを講師に開催されます。この病院が泉北地域の肝疾患診療をになう施設になることを期待しています。
 友の会も後援することになりました。詳細は後刻ご案内します。

 事務所では、電話相談がいくつかありました。B型肝炎の患者さんやご家族から2件。
 慢性肝炎でラミブジン服用者の男性からは、情報を得たり交流したいと入会を希望されました。入会をお勧めしました。

 ご家族の方からは、60歳代の男性の肝発がんのことについて。1回目の発がんが7年前。外科切除、その後、3回発がんし、そのたびにがんの個数が増えてきている。がんを抑えるための治療法はないのかという質問でした。
 がんの局所治療後の抗ウイルス剤やネクサバールなど抗がん剤などによる治療の可能性について、主治医とよく相談するようにお伝えしました。




 夕方からは、豊中市中部保健センターを訪問。担当の保健師さんから豊中市のがん・肝炎ウイルス検診の実情についてお話をお伺いしました。あわせて、肝炎ウイルス検診やがん検診のやり方や制度改善について、個人的な意見だと断られていくつかお考えをお話ししていただきました。

 検診率アップには、予算の増額と検診の「受け皿」(肺がんのレントゲン読影医師、マンモグラフィー検診車など)を増やさなければならないことは、どの市町村も共通した課題のようです。
 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 21:47:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad