■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
新年度予算 概算要求基準 骨子固まる 肝炎対策への影響は?
7/20造影CT 動脈相7/20造影CT 平衡相
 20日の新聞報道などによると、政府は関係閣僚による「予算編成に関する閣僚委員会」を20日に開き、来年度予算編成に当たって、概算要求基準の骨子をとりまとめ、月内の基準決定を目指すようです。
 具体的には、
 1)歳出を約71兆円以下に抑える
 2)新規国債発行額も10年度(約44兆円)以下に抑制
 3)社会保障費の自然増(1.3兆円)は容認する
 4)地方交付税を除くその他の歳出について各閣僚に1割程度の削減を求め、
  成長戦略などの予算に充てる
 上記4方針で方向で政府内で検討を進めている
と報道されています。

 肝炎対策やB型肝炎訴訟の和解協議にも大いに影響するでしょう。

■ 厚生労働省は7/23〆切で公開プロセス対象事業以外の行政事業レビュー対象事業についての国民の皆様からのご意見募集を行っています。(対象は今年度予算)
 7/13の「肝臓のなかまたち」で、紹介しています
 多くの患者さんが、ぜひ厚労省に肝炎対策の拡充の予算執行を願う声を届けてください。



■20日、泉州地域の放射線専門クリニックで造影CT検査を受けました
 4月に大阪市内の総合病院でラジオ波治療を受けた肝癌跡の下部辺縁に小さな影(5mm以下)が映し出されました。血管かもしれないが、前回の治療で焼け残ったところが成長してきているかもしれないとの外来担当医師からの説明がありました。
 急ぐ必要はないが、要精検だそうです。
 いつもは院長先生に診てもらっていたのですが、お忙しいようで外来診察が週1度になり、今回は予約がいっぱいで、若いS医師でした。非常にていねいで、コメントも的確ですし、質問にも手短に答えていただきました。
 総合病院外来担当のM先生宛の診療情報提供書と画像データを焼いたCDをいただきました。
 今後は、また画像診断結果で、結果が確定するまでしばらく通院しなければなりません。すっきりしなくなってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:37:04 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
お見舞いのコメント
 私宛のコメントをいただきました。
 まだ、黒と決まったわけではありません。造影CTの検査を放射線クリニックを選んだのは、
 1)予約して割合早く検査していただけること、
 2)結果の説明がその日にあること
 3)治療施設以外の施設でドクターのコメントがいただけること

 説明では、治療の対象になった肝癌の大きさが20mmあまりになっていて、ラジオ波治療針がクールチップだと、熱が及ぶ範囲が短径だと20mm余で、肝癌のやけ残しがでてしまう恐れがあることだということでした。
 来週が治療した病院での外来担当の先生の診察日です、外来の先生も治療担当医(指導医、後期研修医)ではありません。ご意見を拝聴しようと思います。
2010-07-22 木 08:25:10 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad