■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
検診車を増やして 市の要望
元気なポコ 大阪がん医療の向上をめざす会では、大阪府下43市町村のがん・肝炎ウイルス検診の実施実態を調査しています。基本的には、検診台帳を作成し、未受診者に受検勧奨を行っているかどうかを、調査票を郵送し回答を得るという形式で行っています。
 調査表の回答は昨年度末にほぼいただき、現在、二次医療圏毎に、いくつかの自治体を選び訪問し、担当の方に聞き取り調査を行っています。

 12日は、藤井寺市(市役所内健康課)を訪問しました。人口6万6千人で人口規模は小さいのですが面積も小さく、人口密度の高い市です。


 昨年から始まっている女性特有のがん(乳がん・子宮頸がん)の無料クーポン券配布によるがん検診では、21年度の受診率は20%。7月にクーポン券を郵送し、未受診者には途中で受診勧奨を行っているそうです。それでもこの低さで、担当者もどうしたものかと思案されているようです。
 ここでも指摘されたのが、大阪がん予防検診センター検診車に増車です。

 肝炎ウイルス検診は、40歳の方の検診を基本検診のおりに入れておられるようですが、希望者はなく、無料で行われる府の医療機関委託による無料検診を受けておられるようだとのことでした。
 私とメンバーのKさんの二人で訪問しました。私が聞き役でKさんが記録を担当。あと、泉佐野市と箕面市を訪問し、調査は完了します。

 写真は、夏場ですが元気になったポコです。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:50:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad