■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
治療後3か月 造影エコーは、パス
8/3 造影エコー 2日の肝炎対策推進協議会の傍聴、4日の民主党肝炎対策推進議員連盟のヒアリングに参加するために上京。その中日3日に、造影エコー検査を受けるために、長男が住む小平市の隣、所沢のクリニックの予約を取りました。
 7月末に、7月20日の造影CTで引っかかったこと、2日に上京することなどを電話で窓口の女性に伝え、なんとか3日に診察と造影エコー検査を入れていただく様にお願いしました。だいぶ電話口で待たされ、3日12時の検査を入れていただけました。
 検査は30分あまりかかりました。写真はその結果をプリントアウトされた1枚です。
 1時過ぎに診察場に呼ばれ、ドクターから説明を受けました。治療がうまくいっており、肝癌の再発は見られないそうです。
 ひとまずホッとしています。


 このクリニックの院長先生に抗ウイルス剤による治療のことをお聞きしましたところ、肝炎も沈静化し、ウイルス量も多くないようだったら、特に勧めないとのことでした。肝発がんの危険性は、すでにがんの芽がばらまかれている可能性もあり、抗ウイルス剤では、この芽はつぶすことができないそうです。

 お世話になるクリニックをいくつか見つけています。
 1)かかりつけ医 近医(歩いて5分)
 2)糖尿病専門クリニック 天王寺区
 3)エコー検査Hクリニック 天王寺区
 4)造影CT・血管造影・塞栓療法 泉佐野市 放射線科クリニック
 5)造影CTとB型肝炎ウイルスコントロール 所沢市の内科クリニック


 ここで異常が見つかれば、より詳しい検査や治療のための専門施設(病院)を紹介していただきます。
 利用した病院
  ・前立腺肥大 市立病院
  ・B型肝炎のインターフェロン治療等 堺市の民間総合病院
  ・心筋梗塞(検査と治療)  堺市の民間病院
  ・肝がん  大阪市内の公立系総合病院
などです。

 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:38:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。