■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
パネルディスカッション「肝炎対策基本法をいかすために・・・」の準備で
ポコの散歩道で 17日、文書作りに悪戦苦闘しました。
 11月6-7日に開催される日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)の第20回全国交流集会・代表者会議への名義後援、開会式でのご挨拶の要請文書作りが残っていました。
 また、各政党の肝炎対策議連や肝炎対策プロジェクトチームとの懇談(肝炎対策推進指針の策定、臨時国会での国会請願活動など)の要請文書です。
 担当役員さんからのご意見をまとめ、文書化し、メールで東京の事務所に送信します。東京で公印を押して、それぞれのところに持参し要請していく段取りとなります。
 日肝協では、財政難から専従者がいません。関東近県の患者会から事務担当者を派遣してもらい、常任幹事数名で事務局を構成し、日々の実務をこなしています。

 11月のイベントに関する依頼文など文書作りはこの日で一応完結しました。

 今回の全国交流のつどいは、協議会設立20年、肝炎対策基本法制定1周年を前に開催されます。記念して、開会式の後、パネルディスカッション「肝炎対策基本法をいかすために~治療・研究と患者支援のあり方」を開催します。

 


パネルディスカッション
○期日: 2010年11月6日(土)14:30~17:30(120~150名)
○名称: 「肝炎対策基本法をいかすために~治療・研究と患者支援のあり方
○目的: 肝炎対策基本法が制定され、患者の療養を支える基本法の役割、肝炎対策推進の方向、ウイルス検査受検率向上、肝がん防止対策、治療法の研究促進、患者支援・相談活動のレベルアップなど研鑽の機会とする。
○参加費: 無料
○参加対象:患者会、医療・行政関係者(医師・看護師・保健師など)、関係団体等
○パネリスト
   ①独立行政法人国立国際医療研究センター肝炎免疫研究センター
     センター長 溝上雅史氏
 ②東京都福祉保健局保健政策部疾病対策課 課長 広松恭子氏
 ③山梨大学医学部 教授 榎本信幸氏
 ④岩手県紫波町保健師健康推進室長 森川一枝氏
 ・肝炎対策推進協議会委員 日本肝臓病患者団体協議会常任幹事 阿部洋一氏
 ・コーディネーター:日本肝臓病患者団体協議会常任幹事 岡馬重充氏
             (学校法人武田学園広島文教女子大学
              人間科学部グローバルコミユニケーション学科教授)
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:20:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad