■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
皮膚がんを心配して
 1日、かかりつけ医の紹介で市内の民間病院皮膚科を受診しました。足の甲のほくろが大きくなってきたので、悪性黒色腫(皮膚がん)を心配して診てもらいました。
 病院初診受付で紹介状を示し、予約されていることを確認していただき、皮膚科に案内されました。昨年増築されたおりに改装された旧館(東館)の奥に生活習慣病科(糖尿病など)と同じコーナーに皮膚科診察室が2つあり。、そこで待つこと15分ほどで診察室から呼ばれました。
 40歳前の男性医師、照明付きの拡大鏡で丹念に診ていただき、病理検査をするまでもなく悪性黒色腫は否定されました。

 水虫の治療をしていただくことになり、1か月に一度、受診することになりました。1か月分の水虫薬2種類を処方してくださいました。
 「紹介状では、肝臓が悪いと書かれてあるから、内服薬はやめて塗り薬だけにしておきます」と先生はおっしゃって、肝臓の状態はいかがですかと聞かれました。「はい、春に肝癌の治療を受けて、その後は再発していません」と伝えました。


■日肝協の活動
 11月に行う日肝協の全国交流のつどい(パネルディスカッション、肝臓病医療講演・コンサート)への厚労省の名義後援依頼、日本肝臓学会との懇談依頼文書作りを大急ぎでかたづけました。
 2日午前の、厚労省肝炎対策推進室との懇談のおりに、届ける予定だそうで、それに間に合わすためです。名義後援をいただくためには、様式1「申請書」、様式2「事業計画書」、様式3「事業予算書」、その他として団体規約、役員名簿、事業実施資料、その他必要な書類となっています。
 31日に関東圏の役員に厚労省の事務官から説明を受けてもらって、そのアドバイスに基づいて文書作成作業です。

■第39回社会保障審議会医療保険部会の開催
 医療保険部会の案内が厚労省ホームページに公開されました。
   http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000o65k.html
  9月8日(水)15時~、はあといん乃木坂(健保会館)
  前回に引き続き、高額療養費制度が議題となります。

 日肝協でも、高額療養費制度の「特定疾病」に肝臓病も加えて欲しいと要望してきました。医療費の負担の軽減が長期慢性疾患患者と家族の願いです。傍聴しようと思い、ファクスで申し込みました。

 前日(7日)が、みんなの党(川田龍平議員)と日肝協との面談もあります。

スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:36:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。