■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝臓病教室から街頭宣伝
大阪赤十字病院 肝臓病教室 案内 4日午後、大阪赤十字病院での肝臓病教室に参加しました。内容は、「肝臓がんの治療」、内科、外科のドクターと薬剤師さんのお話でした。
 内科では、ラジオ波や塞栓療法、抗がん剤による治療、外科では、腹腔鏡を用いた肝癌切除術の進歩について、お話がありました。おへそから一つの穴で、3つの内視鏡など道具を入れて肝切除を行う技術をビデオで紹介されていました。
 20回も再発を繰り返した患者さんの治療も行われていることなども紹介されていました。
 薬剤師さんからは、分子標的治療薬ネクサバールの紹介と副作用対策について説明がありました。

 気になったことは、再発を抑制する治療法がないのか、その部分の説明がなかったこと。
 友の会の会員さんもたくさんきておられました。



■なんばでの街頭宣伝
 16時からB型肝炎訴訟の早期解決を求めて、原告や支援者たちによって難波高島屋前で街頭宣伝が行われました。遅れて参加。友の会の会員さんで原告の方やお母さんも参加され、猛暑の中、チラシを配り早期解決を求める政府向け署名集めを一生懸命されていました。
 総勢30人余り、署名300筆、チラシは700枚が受け取っていただけたようです。
 参加者の皆さんは、暑気払いに冷たい飲み物を飲みに行かれたようですが、私は患者会の事務所で事務作業。

■アンケートの整理
 肝炎患者の実態を調査する日肝協のアンケート調査、8月後半で100通あまりが返送されてきました。
 コピーをとって、日肝協東京事務所に郵送します。その中の自由記述欄に、闘病の状況を説明し、質問事項も書かれています。丹念に読んで、連絡先のわかるものには、電話をかけて説明するようにしています。

 B型肝炎訴訟の原告になれそうな方には、弁護団の連絡先を伝え、相談するように勧めました。
 本日の事務作業終了は、21時。
 秋の講演会の講師の先生への依頼状、厚労省への要望書(肝癌治療の薬剤・治療器具・治療器材の有効性安全性の検証と承認の迅速化)等々、急がなければならない作業が残ってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:05:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad