■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
決算用パソコンダウン
 5日午後、友の会の事務所で会計データを入力していただいているK女史から電話が入りました。「パソコンの調子が悪くデータ入力できない」とSOSです。
 パソコンの症状を聞き、私も含めて対応ができそうにないので、事務局次長で会員管理を担当しているIさんに電話をかけ救いを求めました。
 彼は、電機メーカーに勤めていた経験を持ち、役員の中では、このような事態のときに唯一頼りになる方です。


 まず、私が事務所に到着し、入力作業ができず途方に暮れておられた、お二人に、事情をお聞きし、Iさんと今日中に対応し、解決させることを約束し、この日はお引き取りいただきました。
 15時過ぎには、唯一大阪で村が残る自宅から駆けつけたIさんに、事情をお話しし、診ていただきました。1時間近くかけて調べていただいた結果、キーボードのCtrlキーの隙間にゴミが入り込み、キーが押された状態で固定され、そのまま電源が入れられたときに、パソコンの起動時の基本ソフト「BIOS」に異常が起こったのだろうとの見立です。
 自宅から持ち込んでいただいたノートパソコンも駆使されて、BIOSソフトを入れ直し、故障はめでたく解決しました。
 これで、7月からの行動旅費なども支払いができ、決算書の準備もできます。
 患者会は、様々な方のご協力で運営できていることを強く実感した一日でした。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:46:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad