■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
和泉のがんケア 家で生きることの意味-地域で支える緩和ケア
みかんの木(ポコの散歩道で) 18日午後、標題の講演会に参加しました。
 桃山学院大学社会学部社会福祉学科と緩和ケアに関わる地域の様々な団体の共同研究として進められている第2回目の公開講座です。
 研究主任者であられた伊藤高章先生が、1年間のアメリカ留学に行かれてしまい、開会のご挨拶は、石田 易司学
部長、司会は川井太加子准教授が行われました。
 今回の講師は、在宅緩和ケアに取り組んでおられる、東京墨田区の医療法人社団パリアン理事長 川越厚先生。
 http://www.pallium.co.jp/clinic.html

 在宅緩和ケアの「終末」部分を支える地域力を高めることの大切さをお話しされました。
 講演会の終了間際に会場からの質問に答える形で、厚労
省が進めるがん対策での「緩和ケア」の方針について、見直しが必要なことと今後の見直し作業について、主
張していきたいと強調されていました。川越先生もがん対策推進協議会委員でメンバーであることを質問に答える形で明らかにされていました。


 今回の講座には、和泉市立病院肝臓センターのドクターもお見えになっておられました。
 こんな解説記事もホームページから読むことができます。
 「肝疾患及びがん診療の先進病院をめざして~和泉市立病院の新たな経営戦略~」(「自治大阪」2010年3月から) 
 (和泉市立病院がんセンターの平面図(予定)が紹介されています。)  

 終了後、ご挨拶をしてお話をしますと、患者会の資料を肝臓センターにおいてくださるとお約束いただきました。さっそく病院を訪問しお届けすることにします。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:59:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。