■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
わがまちのがん医療の向上をめざして
和泉 泉州がん医療フォーラム 10月16日、和泉シティプラザで、泉州がん医療フォーラムが開催されます。写真はその案内チラシです。

 このイベントは、予約が必要です。詳細はチラシをご覧ください。


 和泉市立病院にがんセンターが7月にオープンしました。そして10月には緩和ケア病棟がオープンします。これを記念して開かれることに間違いはないと思います。
 
 ただ、泉州(高石市、和泉市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、田尻町、泉佐野市、泉南市、阪南市、岬町)の8市4町に80万人以上が暮らし、税収が少なく、関西新空港がらみの開発が失敗し、借金を多く抱えた自治体に、6つ公立病院がありますが、どことも赤字でその経営が大変な状況です。
 泉佐野、貝塚、阪南の公立病院は、整理合併の検討もされているようです。

 その他の民間総合病院も和泉市周辺には、府中病院、徳州会岸和田など数カ所しかなく、公的病院も含め医師不足で困っている状況です。ましてや専門医の充足もままならない状況です。
 
 一方、がん罹患率は高い地域ですし、その死亡率も高いのです。私の知り合いの肺がん患者も、私のような肝がん患者もその多くは、堺市や大阪市内の医療機関で検査や治療を受けているのが実情です。

 そのような地域での和泉市立病院での「小さな」がんセンター、その役割は何なのか、府中病院、泉大津市立病院、地域連携拠点病院である岸和田市立病院など、がん診療拠点病院との役割分担と、国指定の連携拠点病院、都道府県連携拠点病院との連携がどうなるのか、専門医療スタッフの確保や病院経営は大丈夫なのか、市立病院のすぐ近くに住むがん患者としては、考えることがいっぱいあります。
 このようなことを整理し、考えるいい機会なると期待しています。
 

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

医療を考える | 23:42:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad