■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
民主党 陳情窓口を見直す 幹事長室から団体関連部局へ 肝炎対策は
 22日のニュースで民主党岡田幹事長は、陳情の窓口を幹事長室とした、小沢前幹事長の方針を見直すことを表明しました。
 日経新聞オンラインニュース(10/09/22付)
  「民主岡田氏『党財政の透明度向上』 幹事長室への陳情集中も是正 」

 日経は下記のように報じています。
「 小沢一郎元幹事長時代に陳情を幹事長室に一元化したことに関しては「引き続き、党本部が一元的に受け止めたい」としたうえで、「一義的には企業団体(対策委員会)や組織(委員会)とかがやって頂いた方がいい」と説明。党本部内の関連部局に移管する方向性を示した。」

 肝炎患者会も、政府や民主党への陳情はたくさんあります。今後どうなるのか、患者団体でも注視し、対応が求められます。


 B型肝炎訴訟を支える会で地方自治体で、B型肝炎訴訟の全面解決を求める意見書を採択していただく様に働きかけています。
 私は、弁護団の担当弁護士や滋賀在住の原告さんらと滋賀県議会を担当しています。
 弁護士さんから、中間報告があり、
「民主党滋賀県議会では,党本部と相談した結果,意見書の採択を求める請願書の紹介議員にはなれないとのことでした。
 自民,公明,共産,対話ネットの4会派の議員を紹介議員とする請願書を9月24日金議会議長に提出されました。その後、県庁で記者会見し、下記の記事が掲載されました。

 京都新聞「B型肝炎訴訟 県議会に請願、大阪の弁護団」(10/09/24付)
 滋賀県議会でのスケジュールとしては,
  10月6日に厚生委員会で意見書を審議して,
  10月13日の議会で結論がでる予定です。

 民主党政権与党になると、これまでの対応ところっと変わってしまいました。
 B型肝炎訴訟だけでなく肝炎対策全般の民主党の対応、雲行きが怪しくなってきました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ニュース | 23:07:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad