■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝がんの再発を止めることはできないのか
波多野先生のご講演から 26日、日曜日ですが会報作りであくせくしております。
 家事、買い物、ポコの散歩以外は、講演録の版下作成などで1日使ってしまいました。
 今回の講演録も、地元の講演の記録を起こせず、京都肝炎友の会が5月に開催された京都大学外科医・波多野悦朗先生「肝癌の外科的治療と再発抑止」を取り上げます。
 ご了解を得てから、京都の会報をスキャンし、pdfファイル化したものをOCRソフトを使って、文字データ化し、ワープロソフト一太郎に読み込み、版下データに組み直します。
 東京にいる長男にも手伝ってもらい、何とかこの部分を仕上げることができました。
 写真は、波多野先生の講演録にあった図表です。


 4月にラジオ波治療を行った我が身にも大変参考になるご講演。版下作成の中でみっちり勉強させていただきました。
 インターフェロン、従来の抗がん剤、分子標的治療薬ネクサバールを肝がん治療後、いつから使うのか、その組み合わせなどが、肝がん患者にとっては喫緊の研究課題のようです。
 市井の一般病院の消化器内科や外科で、どこまで対応していただけるかも、大きな課題です。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:27:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。