■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
B型肝炎訴訟の早期全面解決を 地元市議会でも意見書採択
ポコの散歩道(学校教育田)で 1日、私の住むまちの市議会本会議で「B型肝炎訴訟の早期全面解決を求める意見書」が採択されました。
意見書そのものは入手できていませんが、お願いしていた文案がそのまま採択された模様です。

 9/30にお隣の堺市議会でも採択され待ていますので、その意見書を紹介しておきます。
 今後の街頭宣伝や期日の案内も掲載します。みなさん、早期解決のために応援してください。

 議員提出議案第28号
  B型肝炎訴訟の早期全面解決を求める意見書

 B型肝炎訴訟は、国が法律により全ての国民・住民強制した集団予防接種での注射器の使い回しによって、多くの人々にB型肝炎ウイルス感染被害が生じたことについて国の責任を明らかにし、被害救済を求める裁判である。集団予防接種は、予防接種法等に基づき感染症から国民・住民の発症を防止するという目的で実施されたものであるところ、予防接種法が施行された昭和23年から注射器の使い回しが通達で禁止された昭和63年までの間に集団予防接種を受けた全ての国民・住民にはB型肝炎被害者と同じウイルス感染の危険性があったのであり、原告らB型肝
炎被害者の被害は全ての国民・住民にとって決して「他人事ではない問題である。
 この間題については、平成18年6月に最高裁判所が、集団予防接種の際の注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスの感染被害を出したことについて国に法的責任があることを明白に認めた。また、平成21年12月に成立した肝炎対策基本法において、その旨が明文で規定され、国自身が感染被害を出したことの責任を認めている。
 現在、集団予防接種によるB型肝炎ウイルス感染被害者全員の救済を求めた訴訟が、全国10地方裁判所で係争中であるが、既に札幌、福岡両地裁が相次いで和解勧告を行い、また大阪地裁も和解による解決を促している。しかしながら、国は和解協議には応じながらも、被害者全員の救済に向けて誠意ある対応をとっておらず、解決の引き延ばしを図っている。
 B型肝炎は慢性肝炎から肝硬変に移行する、あるいは慢性肝炎を経ずして突然肝がんを発症することもある極めて探刻な病気であり、解決を待たずに亡くなった原告はすでに10名を超え、解決まで一刻の猶予も許されない。
 よって、本市議会は、国において、早急に集団予防接種によるB型肝炎ウイルス感染被害者全員に対して謝罪し、被害者全員を速やかに救済するよう強く要請する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
    平成22年9月30日
    堺 市 議 会





■B型肝炎訴訟 街頭宣伝・集会・期日 今後の予定
 「オレンジサポート御堂筋ラリー」:地下鉄御堂筋線の駅出口で街頭宣伝(学生支援の会が主催)

 10/3 16:00 オレンジ・サポート 御堂筋ラリー 天王寺・梅田(10/1~10/14 まで)
 10/10 16:00 オレンジ・サポート 御堂筋ラリー 天王寺・梅田
 10/11 16:00 オレンジ・サポート 御堂筋ラリー 心斎橋・なんば
 10/13 全国行動・東京国会議員会館、厚生労働省など
 10/16 15:00 街頭宣伝 なんば高島屋前
 10/17 14:00 オレンジ・サポート 全国学生イベント
       <大阪会場>大阪民主医療機関連合会 会議室
         大阪市中央区南本町2丁目1番8号 創建本町ビル2階<地図
          (地下鉄堺筋本町徒歩4分)
10/29 13:30 大阪地裁弁論期日大阪地方裁判所
〃 14:30 ころ裁判報告集会大阪弁護士会会館
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:19:32 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
肝炎九州の会発足へ
こんにちは
地元市議会で意見書が採択され一歩一歩進んでいることに心打たれます。今回九州でも、全患者救済を求め結束することになり、各県で準備会を進め結成大会へとなります。
私も今は、「フェロン」 レベトールの併用療法で、副作用が強く
最後のゴールまで乗り切れるか心配です。
しかし、身体が動けるときは参加し仲間と共に頑張りたいと
思っています。10月31日に佐賀県では各方面に呼びかけ
結成大会を行います。
資料の準備も出来てきています。
何か参考になることをアドバイス頂けると、有難いです。
近況まで。
2010-10-02 土 10:18:52 | URL | かすみそう [編集]
フエロンで大変な中ですが
かすみそうさん、コメントありがとうございます。いつもご覧いただいているのですね。
 私も20年ほど前に3度ばかり「フエロン」治療を受けたことがあります。保健の縛りがきつくB他肝炎の治療には28本しか使えない時代でした。2度ほどは通院治療でした。28日間毎日1万円札を持って病院に通い続けました。通院では、高額療養費制度でも委任払いがなく本人が立替なければなりませんでした。
その出費に驚愕しましたが、その当時のお付き合いのあった同年代か少し若いB型肝炎患者の療友たちは、その多くが他界してしまっています。私の場合は、インターフェロンでいのちを長らえさせてもらったのだと、治療を勧めてくださった当時のドクターに感謝しています。
 患者会のことですが、私の経験からしてもその運営は大変だろうと思います。私の関わる患者会のどこもが財政問題で四苦八苦です。これが解決されなければ、患者会のお世話係は霞を食べて生活しなければなりません。霞で済めばいいのですが、なけなしの貯金まではたかなければならないことにも。
 「がんばって」としか、言いようがありません。
2010-10-03 日 09:41:17 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad