■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インスリンから解放され半年後のチェック
1週間遅れで咲き出した彼岸花 事務所の近くではいまもどんどんと芽を出し咲いています。まだまだ新しい芽を出していつもより1週間遅れで咲き出した彼岸花 事務所の近くではいまもどんどんと芽を出し咲いています。
 昨年12月7日から4か月間のインスリン治療が終了し半年がたちます。
 5日、地元の民間総合病院の糖尿病指導専門医の診察と糖尿病療養指導士(看護師)による指導、皮膚科(糖尿病合併症の予防管理)受診、眼科検査予約などを行いました。
 泉北地区(35万人)で、きちんとした糖尿病管理指導ができる病院はここしかないようです。混んでいてなかなか診察日がとれません。昨日が、私の都合もよく紹介状を持ってその病院の紹介状が依頼受け付けに相談に行きました。紹介状に指定されたドクターの診察日だったので、受診できることになりました。
 お昼前に採血、この間の食生活などの状況を糖尿病療養指導士の看護師さんから事細かく聞かれました。
 ドクターには14時の診察。その間に皮膚科も受診し、足の状況のチェックも行けました。
 血液検査の結果は、ヘモグロビンA1C 6.3、血糖値110で自己管理ができていて、週1回の血糖自己測定(空腹時・食後2時間)と糖尿病教室の受講、1回の栄養指導を指示され、来月もう一度受診して、それで合格すれば、かかりつけ医による管理になります。
 朝から15時まで、自身の糖尿病管理に費やしてしまいました。


 肝炎患者のフォローアップも上記の糖尿病のように患者のフォロー体制がきちんとできればいいのですが、そうではないようです。学会、専門医、関連製薬会社をはじめとする業界、患者、医療従事者などの連携で、糖尿病の場合は、糖尿病協会も組織され、支援体制もあります。

 私が住む街の隣まちでは、医師会が肝炎対策など長期慢性疾患対策でがんばっておられます。
 堺市医師会のC型肝炎の地域連携クリニカルパスの例も紹介しておきます。
以下のサイトからご覧になることができます。
http://www2.dfserver.jp/clinical_pass/index.cgi?cat=3
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:55:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。