■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
患者には挑戦しにくい 政策コンテスト 肝炎対策特別枠 確保を!
10月19日17時が〆切です。急いでFAXしてください。
こんでいる場合は郵便で!

肝臓のなかま 付録政策コンテスト 肝炎対策資料①政策コンテスト 肝炎対策資料②厚生労働省 元気な日本復活特別枠 概算要求資料
 応募用紙はここからダウンロードできます

 情報に寄りますと、厚労省肝炎対策の政策コンテストへの意見は、非常に少ないようです。
 このままでは、コンテストに敗れ、肝炎対策基本法が施行された年度の予算編成は、施行前よりも予算が減ってしまう恐れも出てきそうです。
 気づかない患者に気づいていただく施策としては、貴重な財源です。大いに推進されるように、たくさんの方のご意見が官邸に届けられるように、よろしくお願いします。

 私も患者会のなかまに、コンテストのことを伝え、意見を出していただく様にお願いしています。
 幾人かから、おしかりのことばを寄せられました。まず、インターネットから肝炎対策推進室が応募している説明資料が引き出せない、応募用紙くらい患者のところまで届けて欲しい、等々です。

 昨日、印刷が上がった「肝臓のなかま」89号にも「政策コンテストに意見を出そう!」と呼びかけの記事を掲載しています。
 いただいた意見を具体化するために、応募用紙を自家印刷で500部刷り、挟み込むことにしました。夕方、知人の事務所の簡易印刷機を借り、刷り上げ、夜なべでつれ合いと挟み込む作業を始めました。



 朝から一日雨が降っています。今日からだんじり祭り。大変な祭りになりそうです。

 日肝協の代表幹事からは、代表者会議の議案書(案)が届きました。
 14日には、東京で常任幹事会があります。10日(明日)までに、修正意見を寄せてくださいと指示されています。
 応募用紙の挟み込み、封筒の宛名印刷、封筒詰め作業を11日までに終えなければなりません。

 大阪肝臓友の会では、総会(11/20)に向けて、決算準備作業を10日にパソコン会計入力者と約束しています。
 秋はいつも大変ですが、今年は特に民主党政権の大臣が替わり、肝炎対策推進協議会対応などとも重なり、あれもこれもと降って湧いたように私の周りに押し寄せてきています。

 連休明けは、造影CT検査と食事指導のチェック(管理栄養士との面談)の予定も入っています。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:05:50 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-10-15 金 23:30:15 | | [編集]
パブコメが届きません
ありがとうございます。

 相当少ないようです。
 Faxやメールで出そうとしても届かないのです。パンク状態です。
 首相官邸に皆で抗議しましょう。

 募集しながら、十分な体制をとらない官邸の人たち。
 インターネット弱者の私たちの声を聞く体制をとらない官邸。

 なによりも薬害や集団予防接種などによって感染させた責任を明確にせず、肝炎患者の療養支援策を「コンテスト」で競わせる菅直人総理のその姿勢が大きな問題なのです。

 まず、パブコメ意見は、今日郵便局から投函してください。
 そして、今日からは、菅直人首相に、「時の政権が肝炎患者を蔓延させたのだから、今きちんと、その責任を明確にし、あなたの責任で肝炎患者の支援策を実行に移すべきだと! 1日に120人の肝硬変・肝癌患者が亡くなっている。時間がないのだ」と、抗議の声を首相官邸に届けましょう。
 郵便が確実です。郵便です。葉書が安く届けられます。

 〒100-8968東京都千代田区永田町1-6-1
  内閣官房内閣広報室


2010-10-19 火 04:03:46 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。