■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
遺伝子解析で 肝炎・肝硬変・肝がんへの進展は 講演会開催
肝炎発症から肝硬変、肝癌への進行と遺伝子の関係 28日午後、B型肝炎のコントロールを診てもらっている総合病院で採血を受けました。11/12が診察日です。
 今月の診察は、飛ばしてしまいました。
 私はどこの病院を訪ねてもパンフレットやチラシ類をおいてあるコーナーを見るようにしています。情報が得られるからです。
 写真のチラシを見つけました。興味深いテーマの講演会です。B型肝炎の発症や発癌のことが遺伝子検査で予測できそうかもしれません。チラシから内容を抜粋しますと以下の通りです。

文部科学省「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」大阪講演会
 『知っておきたい肝炎の事  ~肝炎発症から肝硬変、肝癌への進行と遺伝子の関係~』

 いつも「オーダーメイド医療実現化プロジェクト」(以下、本プロジェクト)にご協力頂き、誠にありがとうございます。お陰様で、本プロジェクト開始後7年が経過し、研究の成果が少しずつ出始めています。そこで、この度、具体的な研究の成果につき、研究者が皆様に直接お伝えする機会を酪ナました。ご協力頂いた皆様のみならず、多くの方々のご参加をお待ちしております。

・講演日時:2010年11月6日(土)13~14時15分(14時~14時15分は質疑応答)
        ※申込み不要、参加費無料
・講演会場:国立病院機構大阪医療センター 災害医療棟2階 研修室
       <アクセス> 地下鉄「谷町四丁目」駅11番出口すぐ
・講  師:松田 浩一 准教授
      東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター シークエンス技術開発分野
主催:大阪府立成人病センター、大阪医療センターの共同開催
<お問合わせ先>
   東京大学医科学研究所1号館1階 オーダーメイド医療実現化プロジェクト事務局



領収書内訳書 写真は、この日の領収書と診療内訳書です。

 堺の知り合いの事務所で日肝協全国交流のつどいの舞台横断幕など3点の作成をお願いしました。
 夜にはできあがったと連絡をいただきました。しめて11000円ほどです。

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

治療・治療薬 | 23:45:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad