■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
大阪でもがん対策推進条例か?
ポコの散歩道で
 22日午後、大阪府庁で民主党無所属ネットの議員の方々に招かれて、会派内の意見交換会で意見を述べる機会をえました。他に、乳がん患者会(地域1人、病院内1人)、遺族、小児がん患者会などからも参加しました。
 議員の方々のお話によると、公明党府会議員団からの発案で議員提案による「がん対策推進条例(仮称)」を来年2月議会を目途に制定する準備が始められたようです。
 これを受けて、この日の民主党内での意見交換会が持たれました。
 大阪府の行政担当者も、がん検診・肝炎ウイルス検診の推進やがん診療拠点病院などがん診療を向上させるために、条例は必要と判断されているようです。

 25日に府議会各会派による意見交換会が持たれ、検診やがん対策、診療にあたる専門家(医師)や患者1人も参考人として招き、意見交換される予定です。

 来年早々にも府民を対象にパブリックコメントを求め、2月議会に提案、採決の段取りで準備が進められるとの説明が、民主党府議からありました。


■ お昼過ぎに、かって電話相談があった自己免疫性肝疾患の女性と府庁の近くの総合病院の喫茶コーナーでお会いし、相談をお受けしました。
 主治医のこと、診察の間隔のこと、病気自体の今後の進行への不安などについて、お話をお伺いしました。
 医療機関の利用の方法、検査の間隔とその内容とデータの利用、かかりつけ医を持つことの必要性、他の疾患との関係で、膠原病専門医(膠原病友の会への相談)受診の必要性があるかどうか等々、説明しました。

 この日は、夕方から大雨。友の会の事務所へ行くはずでしたがあきらめました。府庁周辺の歩道も川のようになって靴もヅクヅクになってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:45:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad