■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
解決は越年 肝炎訴訟 1/11裁判所の所見が
菅総理への要請葉書
 B型肝炎訴訟、民主党政権は、被害者の苦しみをほったらかしにして誠実な対応をしてくれませんでした。
 肝臓友の会の会員の原告たちは、越年座り込みを覚悟して上京しました。
 原告と細川厚労相の謝罪面談が行われて、座り込みは28日でとかれ、29日に銀座と官邸前での行動を行って、今年の東京での宣伝行動が終わります。
 日テレニュース「細川厚労相、B型肝炎訴訟の原告らに謝罪」

 みなさまも、菅直人総理に、早期解決を葉書などで要請してください。ご協力をお願いします。
 私が投函した葉書要請文を見本に付けておきます。
 100-0014 千代田区永田町2-3-1
      総理大臣官邸
      内閣総理大臣 菅 直人 様



 27日札幌地裁で行われた和解協議で、被告国側は、これまでと同じで前進した和解案を示しませんでした。
裁判所は、1月11日に次回和解協議の期日を設定、裁判所の所見を示すとのことだそうです。

 B型肝炎訴訟大阪弁護団の井上弁護士からの報告です。

 本日午後4時30分から6時まで、和解協議がありました。
 国がまず裁判所と話をし、ついで入れ替わって原告・弁護団が裁判所と話をし、最後に双方対席して、終わり、という流れです。
 国の話は、裁判所を通じてしか紹介される範囲でしか原告・弁護団にわからず、原告・弁護団の話も裁判所を通じてしか国に伝わらない、という方法をとっています。

 裁判所からは、国から原告らに紹介できる和解に関する新たな話はなにもない、国も検討を継続しているが原告に伝えられるほどには煮詰まっていない、との説明がありました。
そして、裁判所としても、
・本日は環境整備が整わず、裁判所の所見を出すにいたらなかった、
とのことです。
・しかし,再度努力して1月11日には所見を出すよう努力したい
・ついては,原告の納得できる内容の所見を出すよう努力したい
との趣旨を述べました。

 そして、次回は1月11日午後4時50分となりました。
 裁判所からよりよい所見を引き出すためにも、国民世論を味方につけ、政治家を動かし、原告の苦しみと、そんな苦しみを不運にも与えられてしまった不合理さや国の責任追及への共感をえなければなりませんね。


スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:53:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad