■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
健康友の会 新年会
10/12/21 東京湾フェリーで千葉(金谷)に 8日、心筋梗塞の治療でお世話になり、その後経過を診てもらっている病院の後援組織(自身でそう規定している)「健康友の会」の地元の支部組織新年会に参加しました。料理店で1500円のお弁当を食べながら、アルコール抜きで、参加者の新年の抱負や病院の経営状況、新病院建設準備状況などの報告も受けました。

 「後期高齢者」に昨年なったと自負する女性は、平均寿命までは元気に過ごして、したいことができるようにがんばりたいと抱負を述べ、年末に同じ団地に住む体の不自由な女性を野外で身動きができなくなって困っておられたところを助けられた体験を話され、住民が高齢化し、独居の不安について語っておられました。

 50歳代の女性は、年末にノロウイルスに息子ともども感染し、年末年始の市内に救急病院がないことを知り愕然としたと語っていました。息子さんは東京暮らし、帰省しノロウイルスに感染てしまったようです。
 お正月に市内の民間病院で何とか診てもらって、息子さん曰く「東京の病院より大層親切だった」との感想。当直のドクターが、点滴中になんども様子を見に来てくださったそうで、治療室から退室する際には、「しんどくなったらすぐにまた来てください」と声をかけてくださったそうです。
 看護師さんもていねいに対応してくださり、病院の職員教育がきっちりなされていると母子ともに感心されていました。
 私も、この病院で糖尿病の管理について生活習慣病科でお世話になっていますが、同様に感じています。



 10人の参加でしたが、抱負のはなしで、2番目に私が「あと6キロ減量したい」と短く語ったのですが、C型肝炎患者のYさんから、B型肝炎訴訟について質問が出ました。
 C型肝炎訴訟とB型肝炎訴訟とどう違うのか?補償問題で政府側と原告の間で和解できない問題は?等々。
 予防接種法のこと、接種痕のこと(接種の証拠)などは、すぐにわかってもらえたのですが、無症候性キャリアのことは、時間不足でお話しできませんでした。

 肝心の応援している病院問題。
 経営難(赤字)、院病院建設、公的助成を得るための条件等々、解決しなければならない課題はいっぱいあるようです。
 15日に、新病院建設問題で説明会がありますので参加してみようと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:58:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad