■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
B型肝炎訴訟早期全面解決求め 国会ロビー活動
B型肝炎訴訟 国会議員への要請 全員救済を求める賛同署名をB型肝炎訴訟 到達と課題 発症者除籍の問題11/03B型肝炎訴訟 早期解決のために 一律救済の立法を 総理の政治決断でB型肝炎訴訟 国会議員要請行動 衆議院 長尾敬議員と面談賛同署名をいただく 写真は、要請行動で各議員にお渡しした署名用紙、参考資料。議員との懇談の様子。
 B型肝炎訴訟原告・弁護団は、2月から早期全面解決を求めて、全国会議員に協力を得る要請行動を国会周辺で行っています。
 B型肝炎訴訟は、今年1月に札幌地裁が和解についての所見を出し、原告(患者)、国(政府:被告)ともに和解をすすめることを決め、準備の協議が行われています。
 しかし、原告と国との和解合意に関する大きな隔たりは、除斥期間(慢性肝炎発症後20年以上経過したものへの賠償金の支払いを拒む)の問題があります。
 4日、大阪地裁で裁判を行っている大阪原告弁護団の行動があり、訴訟を支える会のメンバーとして参加しました。

 


 この日は、24人の議員事務所訪問が予定されていました。原告・弁護団7人と私で8人で行動。
 全員で、田野瀬良太郎(自由民主党)議員(衆議院奈良4区:橿原・桜井・五条等)を訪問、対応していただいた秘書さんに、資料をお渡しし、議員に署名していただくようにお願いしました。
 次に、八尾選出衆議院 長尾敬議員の事務所を訪問。議員本人が応接してくださることになり、応接室で会議が終わるのを待たせていただきました。
 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会などの会議の合間に20分程度お話を聞いていただきました。
その場で、賛同署名をいただき、賛同していただけそうな議員さんを紹介してくださいました。

 昼食後、2人一組、4班で25人位の議員訪問をして、資料を渡し説明しました。
 午後4時過ぎには、人取りの訪問を終え、この日の行動で9人の議員さんの署名をいただくことができました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:52:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad