■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ベーリンガーインゲルハイム、ヤンセンファーマ社のプロテアーゼ阻害剤 まもなく治験始まる
 4/10 ひょうごがんシンポジウムに参加しました。統一地方選挙投票日に開催されたためか、肝炎友の会兵庫の役員さんのお顔を拝見できませんでした。
 聴講して私が興味を引いたことをいくつか列記します。
 肝がんにならない秘訣  西口先生は、
 その一、新しく出てくる新薬のうちテラピルビル(東京田辺三菱)は、こと秋にも保険適用で登場する見込み。
 また、ベーリンガーインゲルハイムのプロテアーゼ阻害剤 BI 201335 NA、ポリメラーゼ阻害剤 BI 207127 NAの併用療法などは治験が始まる(対象者募集締め切り済み)。
 ヤンセンファーマ社TMC435(初回治療)の第Ⅲ相治験は今年5月から。再治療者への治験は7月から始まる予定。


 その二、治療効果の事前予測の遺伝子検査。28,000円の患者負担で行う。
 主治医の紹介状(診療情報提供書)があればありがたい。
 患者側の遺伝子IB28l、ウイルス側の遺伝子。コア70,91、ISDR。

 その三、日常生活上の注意では、高血糖と脂肪。発がんしやすいので太り過ぎと血糖の増加には注意が必要。食事と運動療法。

 その四、かかりつけ医と専門医の二人の主治医を持つ。よく相談し、最新の医療で治療に望む。

■ 飯島先生は、肝がんの画像診断と治療についてお話しされました。
 肝がんの診断には、高危険群(B・C型肝炎患者など)と超高危険群(肝硬変患者など)の患者への定期的な受診と血液(腫瘍マーカー含む)・画像検査をを受けることが大切だと強調されました。
 血液検査 肝機能検査
   腫瘍マーカー:AFP、AFP-LⅢ,PIVKAⅡ
 画像検査 腹部超音波検査、造影エコー(ソナゾイド)、造影CT、造影MRI(EOB)
 肝生検 

 画像検査の中で、肝がんの悪性度についても、造影エコーや造影CTなどで判断でき、必要があれば肝がんの組織を肝生検をして病理検査をして判断することもあるそうです。
 発見が遅れ、血管に浸潤した肝がんや血管を伝い心臓まで達した肝がnもgぞうを例示されていました。               

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

治療・治療薬 | 23:59:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad