■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大阪府がん対策推進委員会移行準備へ
4/19泉大津市楠町で写真:泉大津市楠町 遅い桜の満開
 4/26に大阪府がん対策推進計画協議会が開催され、がん対策推進条例に基づく「大阪府がん対策推進委員会」への移行を検討されます。
 大阪府がん対策推進計画協議会が開催されます。まだ広報されていません。大阪府担当部署にお尋ねしコメントいただいた内容です。

○ と き  2011年4月26日(火) 16:00~18:00
○ 会 場  KKRホテル大阪
       大阪市中央区馬場町2-24 <地図
・JR・地下鉄「森ノ宮駅」からシャトルバスあり
停留所・時刻は下記サイト参照
       http://www.kkr-osaka.com/other/access.html
○ 議 題  大阪府がん対策推進条例に関して、条例に基づく「欄対策推進委員会」移行準備など
○ 傍 聴  可能です。
詳細は、大阪府健康医療部 保健医療室健康づくり課 がん対策グループ(電話:06-6941-0351代表)にお問い合わせください。




 ここで、がん対策に関連する各種委員会・協議会の改組なども検討される予定です。関連委員会の代表も参加することとなっています。
 関連委員会は下記の通りです。
 ・大阪府生活習慣病検診協議会長
 ・大阪府生活習慣病検診協議会 乳がん部会長
 ・大阪府生活習慣病検診協議会 胃がん部会長
 ・大阪府生活習慣病検診協議会 大腸がん部会長
 ・大阪府生活習慣病検診協議会 子宮がん部会長
 ・大阪府生活習慣病検診協議会 肺がん部会長
 ・大阪府生活習慣病検診協議会 生活習慣病登録・評価等部会長
 ・大阪府がん診療拠点病院選定委員会委員長(計画協議会委員と兼任)
 ・大阪府緩和ケア推進委員会委員長
 ・大阪府肝炎肝がん対策委員会委員長(計画協議会委員と兼任)
 ・大阪府がん診療連携協議会会長(計画協議会委員と兼任)
 ・肝疾患連携拠点病院連携協議会幹事病院

 肝炎関連では、大阪府肝炎肝がん対策委員会と肝疾患連携拠点病院連携協議会の代表者も出席を求められています。
 推進協議会委員には患者委員としては、3人が入っています。大阪肝臓友の会も参加している「大阪がん医療の向上をめざす会」共同代表が入っています。
4/26の会議は傍聴する予定です。
 改組される予定の大阪府肝炎肝がん対策委員会には、患者団体の代表も参加できるように、求めていこうと思っています。


■国の新規メニュー:大阪府の新年度の肝炎対策について
 日肝協の肝炎対策調査用紙を3月に大阪府の肝炎対策を担当するがん対策グループに届けていました。
 4月9日に大阪府健康医療部保健医療室健康づくり課がん対策グループから回答をいただきました。

1.肝炎患者支援手帳事業の実施 補助率1/2
  ・平成23 年度新たに予算措置することは困難
  ・作成については未定
  ・大阪府肝疾患診療連携拠点病院連絡協議会にて作成していた「おおさか肝疾患ネットワーク」の冊子作成を「肝炎患者支援手帳」作成に変えるなどの方法を検討中。

2.地域肝炎治療コーディネ―ターの養成事業の実施。補助率1/2 
  ・平成23 年度新たに予算措置することは困難

3.出帳型肝炎ウイルス検査の実施 補助率1/2
  ・大阪府では、大阪府保健所及び約4,700の医療機関において、府民の肝炎ウイルス検診受検機会を確保していることから出張型検診の必要性は低いと考える。
4.個別勧奨による検診受診促進 補助率1/3
  (40歳以上の5歳刻みの方を対象として、肝炎ウイルス検査受検に係る自己負担の軽減が可能な個別勧奨メニューを追加し、未受診者に対する受検促進の一層の強化を図る。)個人負担は無料
  ・平成23 年度新たに予算措置することは困難
  ・大阪府内市町村が実施可能な場合、府負担額を市町村に負担する。

5.肝炎検査受検状況実態把握事業
  ・依頼があれば受託する。
以上

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:15:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。