■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん患者さんに寄り添い相談受ける 医療相談員「大阪がんええナビ」に
散歩道で 病院の窓口におられて、患者さんや家族のご相談に応じる職種で「医療相談員」(医療ソーシャルワーカー、MSW)がおられます。
 「がん患者相談支援センター」には、必ず配置し、がんと診断された当初からの患者や家族の相談に応じるとされています。
 がん患者とその家族向け情報提供サイト「大阪がんええナビ」では、がん医療に従事される医療者から協力を得て「コラム」の連載を始めました。
 協力いただいているのは、ドクター、予防やがん登録に従事されている方、そして今回医療相談員さんが登場しました。国立病院機構大阪南医療センターでがん患者相談を担当する萬谷さんのコラムの連載が始まりました。


 療養中に困ったことができたら、利用されている病院の「相談窓口」で『医療相談員さんはいませんか』と気軽に声をかけてみませんか。


 大阪がんええナビがんについて聞こう医療の現場から
 「がん患者・家族のための生活サポート」 大阪南医療センター 地域医療連携室・がん相談支援室 主任 医療ソーシャルワーカー 萬谷和広さん

 8日午後、大阪がんええナビ制作委員会事務所で、「大阪がんええナビ」普及用のリーフレット作成の打ち合わせがあり参加しました。代表の濱本さんは、舞台制作運営会社で働いておられます。経理から現場での舞台運営までこなす方ですから、お仕事もご多忙。そのような中で、「ええナビ」の運営をリードされている。すごいなあと感心するばかりです。
 
  
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者支援・情報提供 | 06:47:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。