■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝炎患者の負担軽減どころではなくなるか? 政府の社会保障改革
玉川上水(小平市)
 12日、内閣府の「社会保障改革に関する集中検討会議」(議長:菅直人首相、委員)が非公開で行われました。
 厚生労働省が「議論のたたき台」として「改革の方向性と具体策」を提示しました。
 ○厚労省案の解説「全員で参加して支える社会保障の安心-『世代間公平』と『共助』を柱とする持続可能性の高い社会保障制度-」
 この解説によると、社会保障の定義として次の三段構えで対応するとし、自助、共助が先で国による支援は最後の手段としています。

 第1段「自分で働いて自分の生活を支え、自分で律して自分の健康を維持すること」が基本です。
 第2段 誰でも病気になったり、意に反して失業するリスクがあります。その場合は「国民全員で助け合ってリスクを分かち合うこと」にします。
 第3段 どうしても自立できないほどの困窮に陥ると「政府が最低限の生活を保障すること」になります。

 この基本方針が貫かれると、肝炎患者への支援(医療費助成の拡充)には、どう影響してくるのでしょうか。
 厳しくなりそうです。



 この会議のことについて報道は
■ 厚労省が社会保障改革案を提示- 集中検討会議
  キャリアブレイン 11/05/12
  

医療費の自己負担増求める声も- 集中検討会議
 キャリアブレイン 11/05/12

社会保障改革:厚労省原案 基調は「現状維持」
 毎日新聞 11/05/12

利用者負担に上限=低所得者対策を強化―社会保障・税改革で厚労省案
 朝日新聞 11/05/12
 


スポンサーサイト
ニュース | 23:15:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。